お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

コラム 片思い

【DJあおいのお知恵をはいしゃく】「やさしすぎる草食系男子(?)」を落とすには?

DJあおい

「好きな男性がいるけれど、彼の気持ちがわからない……」「片思い中の彼がいるけれど、若いときとちがっていろいろ無茶はできない」と日々恋愛で悩んでいる女性は多いのでは? そこで、ブログやtwitterで人気のDJあおいさんがウーマン読者に恋のアドバイス。片思い中の悩める女子のみなさんに、狙った男性を落とす“お知恵”を授けます。

ブログ「DJあおいのお手をはいしゃく」やtwitterで突き刺さりまくる恋愛アドバイスをつづり、迷える女子を日々救っている“謎の主婦”・DJあおいさんが「マイナビウーマン」についに“ご降臨”。「狙った男を落とすためのお知恵」を授けます。記念すべき第1回目のターゲットは「やさしすぎる草食系男子(?)」です。

◆イケメン! でもここ数年間彼女がいないという男性を落とすには?

今週のハンター:わりと(?)肉食系女子

年齢:33歳
仕事:会社員(クリエイティブ職)
タイプ:愛されるより愛したいタイプ。自分から好きになった男性と付き合ったことはない。

今週のターゲット:やさしすぎる草食系男子?

年齢:36歳
仕事:会社員(クリエイティブ職)
タイプ:イケメンで人当たりはよいが、ここ数年彼女がいないらしい。草食系男子?

出会い:仕事の関係でたびたび顔を合わせる関係。去年、仕事関係の人が集まるお花見で一緒になった際に、ハンターが薄着で寒がっていたらターゲットが着ていたセーターをわざわざ脱いで着せてくれた。その瞬間、恋に落ちた。

現状:こちらから誘えば応じてくれるけれど、向こうからのお誘いはなし。

お悩み:一緒に会えば楽しく話もするし、誘えば応じてくれる。一緒に会って終電を逃したこともあったけれど、その際は何もなかった。奥手男子なのかな……?と思ったけれど、こちらから誘いすぎるのも気が引けて最近は連絡を取っていない。彼がやさしすぎることが引っかかっている。

DJあおいさんからの「お知恵」

草食系男子という人種は劣等感の塊なんですよね。
恋愛で傷付くことが怖いから恋愛に発展しないように女性に対する欲求を自ら抑圧して「閉店ガラガラ」にしているわけです。

もちろん抑圧した程度でなくなるような欲求ではありませんので、その対象は自分が傷付くことのないもの、つまりアイドルやアニメなどに向けられることが多いんです。

「草食系男子=やさしい」というイメージもあるかと思いますが、そのやさしさは自分が傷付かないためのやさしさ、自己保身のためのやさしさなんですよ。

恋愛感情が生じないように生じないように自分の中の「男」を出さずに、女性と接するときは自分の中の『女性性』」で接するんです。
だから草食系男子は女子力が高い人が多く、女性も男性として意識することのない安全な生き物として扱うんですよね。

そこで気になったのが「着ていたセーターをわざわざ脱いで着せてくれた」という場面!

これはこの彼が草食系男子だったらまずすることのない行動です。
草食系男子なら自分が着ているセーターを着せようものならまず「嫌がられたらどうしよう……迷惑じゃないかな……キモいと思われないかな……」と思うはずなんですよ。
なぜならば傷付きたくないという自己保身が優先されるのが草食系男子だからですね。

この彼は自分のセーターを着せてあげてもそれを受け入れてくれるであろうことを確信していたんです。
つまり自分のセーターを嫌がらずに着てくれる程度の好意は相手にあるだろうと知っていたわけですね。
それを容認する形で自分のセーターを着せてあげたわけです。
口には出さねど「ぼくもこれくらいあなたのことが好きですよ」というサインみたいなものですね。

これは草食系男子のなせる業ではありません、完全にイケメンの所業です、しかも脈ありです。

しかしセーターくらいだったらまだ友だちの域は脱していません。
まずは友だち以上の関係になることが先決、焦って暴走してしまったらせっかくの脈も水の泡ですから、ここは慎重に歩を進めましょう。

では「友だち以上」という関係はどんな関係なのでしょうか? それは「親友」という関係なんですね。
恋人というものはもしその人が同性だったら親友になれるような人ですから、まずは親友になることが先決なんですよ。
それが同性なら親友止まりですが、それが異性なら親友以上という関係があるものですから。

今週のお知恵

恋人とは、もしその人が同性だったら親友になれるような人。まずは親友になることが先決と心得よ。

★次回の更新は、4月2日(土)です。お楽しみに!

(イラスト:つぼゆり)

お役立ち情報[PR]