お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

男子から高評価! ふと、女性らしさを感じた瞬間「子どもへの対応」「あの一言」

ファナティック

狩り付き合っている彼とのマンネリ化を防ぐために、いつでも自分が女性であることを意識してもらいたいですよね。では、日常生活の中で女性らしさを出すにはいったいどうすればいいのでしょう。今回は、日常の中で、ふと「女性らしさ」を感じる瞬間について、男性のみなさんに聞いてみました。

細かな気遣い

・「男では気づかない細やかさを感じたとき」(32歳/金融・証券/営業職)

・「自分の体調が悪いときに気遣ってくれたとき」(35歳/建設・土木/技術職)

・「車の運転中、疲れた表情を見せると、『運転代わろうか』と言ってくれて、気配りができる女性らしさがあるなと感じた」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

自分では気づかないところにも気遣いができる彼女。そのさりげない心遣いに、彼も惚れ直すこと間違いなしです。

子どもに優しい

・「子どもへの接し方が優しいとき」(32歳/商社・卸/営業職)

・「言葉遣いがしっかりしていて、子どもなどにもしっかり対応できるところを見たとき」(36歳/情報・IT/技術職)

・「子どもなどに優しく接するのを見たとき」(25歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

デート中、困っている子どもを発見。そのまま放置するのではなく「どうしたの?」と優しく声をかける彼女。子どもの世話を楽しそうにしている彼女を見ていると、結婚後も子どもを大切にしてくれそう、と好感度アップ。

優しい言葉をかけてくれる

・「『仕事大変だね、がんばってね』と何気ない一言にけっこう救われる」(37歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「優しい言葉をかけてくれる」(28歳/警備・メンテナンス/技術職)

会社では、毎日上司に厳しいことを言われたり失敗したりと落ち込むことが多いはず。そんなとき、彼女から「がんばってるね」と優しい言葉をかけてもらえたら、これ以上ない幸せなのかも。

髪をかきあげる仕草

・「髪の毛をゴムでまとめるところ」(29歳/学校・教育関連/その他)

・「髪をかきあげる仕草」(28歳/その他/その他)

何か食べるときや髪が顔にかかったとき、サッと髪をかきあげる姿にキュン。横髪を耳にかける仕草にドキッとしてしまうみたい。

まとめ

彼に女性らしさをアピールするためには、細かい気遣いややさしい言葉をかけてあげるなど、彼女にしかできないことをやってあげるのがいいみたいです。最近、付き合いが長いからとがさつになっている心を引き締めなおしてみると、彼もあなたのことを見直してくれるかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年1月にWebアンケート。有効回答数131件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]