お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

ウイルスを吹き飛ばそう! 働く女性のインフルエンザ予防法4つ

ファナティック

今年は暖冬だと言われているせいか、インフルエンザの流行が例年より遅い気がしますよね。とはいえ、毎年のように季節性インフルエンザは流行するもの。そこで今回は女性のみなさんに、実践しているインフルエンザ予防法を聞いてみました。

<インフルエンザ予防法>

■手洗いうがいをする

・「うがい・手洗いを心がける。マスクをして寝る」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「うがい手洗いはもちろんですが、きちんとした食事と、睡眠をたっぷり取ることが重要だと思っています。体が疲れていると、免疫力が落ちます。あとは人ごみを避ける」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「手洗いうがいをこまめにする」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

インフルエンザはウイルスによる感染なので、外から帰ったらしっかりと手洗いやうがいをするのは基本中の基本。特に今の時期は忘れないようにしたいですね。

■マスクをする

・「マスクをして、帰ったら手洗いうがい」(31歳/食品・飲料/技術職)

・「外出時はマスクをする」(30歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「病院に行くときはマスクをする」(28歳/ソフトウェア/技術職)

風邪やインフルエンザと言えば、やはりマスクといったイメージがありますよね。感染を防ぐのはもちろん、感染者もマスクをして、できるだけ感染者を増やさないようにしたいですね。

■予防接種を受ける

・「やはり予防接種をしておくのが一番だと思う」(26歳/学校・教育関連/その他)

・「予防接種を受ける。外出先ではマスク必須」(31歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「疲れすぎないことですかね。あとは予防接種」(28歳/医療・福祉/専門職)

今から受けるのは難しいかもしれませんが、インフルエンザは、その年に流行すると予想される種の予防接種を受けることができます。ただし、予想が外れてしまうと効果がないのが欠点かもしれません。

■人ごみには行かない

・「人がたくさんいるところに行かない」(33歳/金融・証券/専門職)

・「人ごみの多いところに行かない」(33歳/情報・IT/技術職)

・「家にこもります」(27歳/その他/その他)

インフルエンザの感染は、その多くが人から人への感染です。そのため、人混みを避けることは予防としてはかなり効果的と言えそうです。外に出ないで生活するのは考えにくいため、ちょっと難しい予防法かもしれませんね。

<まとめ>

インフルエンザは一般的な風邪とは異なり、症状が重症になりがち。そのため、予防はとても大切です。うがいや手洗い、マスクや予防接種などさまざまな方法がありますが、複数の方法を行うことでより効果的に予防ができそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2015年12月24日~2016年1月6日
調査人数:125人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]