お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

我が家に代々伝わる! 風邪によく効く「おばあちゃんの知恵」4選

風邪のひき始めや、症状が出てきたときには、病院に行く前に、まずおうちだけの家庭療法を試してみるものですよね。おばあちゃんの知恵や、代々伝わってきているものが多いのではないでしょうか。女性のみなさんに、どのようなものがあるのか、お話を聞いてみました。

■ネギを首に巻く

・「ネギを首に巻いて寝る」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「のどが痛いときはネギを巻いて寝る」(32歳/学校・教育関連/その他)

・「しょうがを食べる。ネギをのどに巻く」(33歳/その他/販売職・サービス系)

ネギを首に巻くと風邪が治ると、昔から言い伝えられてきていますが、どのおうちでも同じようですね。ネギには殺菌や抗菌作用、発汗作用などもあるため、風邪に良いとされているんですね。

■はちみつ大根

・「はちみつ大根を作ってなめるかお湯に溶かして飲む」(32歳/その他/その他)

・「大根をさいころ切りしてはちみつをかけて出てきた汁を飲むとのどが痛いのが治る」(30歳/その他/その他)

・「大根あめ。一口サイズの角切りにした大根をはちみつに一晩漬けて、上澄みの汁を飲んだり、漬かっている大根をあめのようになめる」(34歳/その他/事務系専門職)

風邪をひいたときに効果があるとして、はちみつ大根があります。はちみつは喉の炎症や咳に効果があり、大根は細菌の力を弱める効果があるようですね。

■生姜を摂取する

・「生姜湯を飲む」(30歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「生姜湯、白湯を飲む」(24歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「生姜を馬鹿みたいに食べる」(27歳/金融・証券/専門職)

最近では、風邪予防に生姜湯を飲んでいる方も多いのではないでしょうか。生姜は風邪に効果があるとされていますが、加熱前と加熱後では効能も変わってきますので、症状によって摂取方法を変えたほうが良いでしょう。

■その他

・「おばあちゃんから聞いたことがないが、よく聞くのが金柑食べたり、生姜湯飲んだり、柚子茶飲んだり」(32歳/情報・IT/その他)

・「沖縄ならではだと思いますが、“かちゅーゆ”といって、かつおと味噌でだしをとった味噌汁を飲みます。簡単に作れるし、体が温まるので、風邪をひくと必ず飲みます」(23歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

・「蜂蜜レモンに生姜とブランデーを入れて飲む」(34歳/建設・土木/技術職)

その他にも、いろいろなおばあちゃんの知恵があるようですね。金柑はビタミンAとCが豊富で、粘膜を強くする働きがあるため、喉の炎症などに効果があるとされています。

■終わりに

昔から伝わるおばあちゃんの知恵は、実際に効能があるものが多いようですね。はちみつ大根に至っては、江戸時代から伝わる風邪薬と言われています。風邪の症状が出始めたら、すぐに実践してみるといいかもしれませんよ。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2016年1月にWebアンケート。有効回答数405件(22~34歳の働く女性)
※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]