お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

半数以上の女子がドライアイを実感! 簡単にできる「目の乾燥対策」5選

ファナティック

みなさんは「目の乾燥」を感じたことはありませんか? 最近ではパソコンやスマートフォンなどの普及により「ドライアイ」に悩む人が増えてきているようです。では実際に「目の乾燥(ドライアイ)」を感じたことのある女性はどのくらいいるのでしょうか。今回は、働く女性のみなさんを対象にアンケート調査をしてみました。

Q.「目の乾燥(ドライアイ)」の症状を感じたことはありますか?

はい……54.7%
いいえ……45.3%

半数以上の女性が「目の乾燥(ドライアイ)」を感じたことがあるという結果に。多くの職場でパソコンを使っている昨今、やはりドライアイだと実感したことのある女性は少なくないようです。続いて、女性のみなさんが目の乾燥を感じたときにやっている対策について聞いてみました!

■乾燥にはやっぱり「目薬」

・「目薬をさす。潤わせることが大切と思うから」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「目薬を使うこと。気分もスッキリするし、目薬の目の乾燥に効く成分が効果を発揮すると思うから」(26歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ドライアイ用の目薬をさす。ドライアイ用なので的確に対策できると思うから」(31歳/情報・IT/技術職)

目の乾きや疲労にはやっぱり「目薬」を使うのが一番! という意見が多く見られました。最近では保湿成分のあるものやドライアイ専用のものも出ているので、自分の症状に合った「目薬」を使って潤いを保つことは大事ですね。

■目元を温める

・「温かいタオルを当てアイマスクをして目を休ませる。少しはマシになる気がする」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「ホットタオルを目の上にのせる。血流がよくなると涙の出もよくなる気がするから」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「お風呂でスチームを当てる。目が潤う気がするので」(28歳/ソフトウェア/技術職)

ホットアイマスクやホットタオルなどを使って目元を温めてあげるという人も多数いました。血行が良くなることで目の緊張も和らぐので、疲れ目の解消にもなり一石二鳥なのだとか。

■目を休める

・「目を休ませる(アイマスクや蒸しタオルを当てるなど)。パソコンなどの見すぎで起こるので」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「目薬をして、スマホをあまり触らないようにする」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「数秒間目を閉じて瞑想みたいにして目を休める。一番簡単だからです」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

目を使ったあとは休ませてあげることが大事。仕事をしているときなどはなかなか難しいかもしれませんが、長時間パソコンの画面とにらめっこした後は、しばらく目を閉じていたり、画面を見ないようにしたりして休ませるという意見も。乾燥を感じたら、休んで目をスッキリさせましょう。

■まばたきをする

・「目薬と適度なまばたき。それしか思い浮かばない」(32歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「1分くらい目を閉じてから、まばたきを繰り返して、目薬をさす」(25歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「意識してまばたきの回数を増やすこと」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

まばたきをすることで、目に潤いを与えると回答した人も多くいました。人間は何かに集中していると、まばたきの回数が減ってきます。そのため余計に目が乾きやすい状態に。意識的にまばたきの回数を増やすことで、涙の分泌を助け、乾燥対策ができるのだとか。

■睡眠をとる

・「寝る! 目を閉じていれば乾燥しないから」(33歳/電力・ガス・石油/技術職)

・「目薬をさす。疲れたら睡眠をよくとって目を潤す」(28歳/自動車関連/営業職)

体の疲れにも睡眠が効果的なように、目の乾き・疲れにも睡眠が一番! という意見も。睡眠は目の疲労回復にもなるので、ドライアイ対策として効果的なようです。

<まとめ>

日常生活でも何かと目を使う機会の多い現代、知らず知らずのうちに「ドライアイ」になってしまっている人も多いかもしれません。目の疲れや乾燥を感じたり、「ちょっと調子がおかしいな」と感じたりしたら、無理せず休憩をとることで、目の乾燥対策ができるといいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2015年1月18日~2016年1月21日
調査人数:128人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]