お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

乾燥の季節だけれど……美肌になるためのお手入れ方法3つ

ファナティック

美肌は女性のあこがれ! 特に、この乾燥の季節でも美しい肌をキープしている人のお手入れ方法はぜひ見習いたいもの。そこで今回は働く女性たちに、美肌になるためのお手入れ方法について聞いてみました。

■洗顔を……

・「しっかり洗顔してから化粧水とクリームを塗る。そうしないと化粧水やクリームが肌に浸透しないから」(34歳/学校・教育関連/専門職)

・「洗顔する際はていねいに行う。毛穴に詰まった汚れをきれいに落とさないと肌に悪いから」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「やっぱり洗顔、顔の角質や毛穴の汚れをきれいにしてからでないといくらスキンケアやメイクに手間をかけても意味がないから」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ふかふかに泡立てた洗顔料で洗顔。最初にちゃんと汚れが落ちていないとそのあと何をしても無意味になりそうだから」(26歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

疲れて帰宅すると、ついそのままメイクを落とさずに寝てしまいたくなりますが、一日中頑張ったメイクはきちんと落としましょう。

■化粧水をバシャバシャ!

・「化粧水を肌につけたら自分の手でなじませながらしっかり温めること」(29歳/自動車関連/秘書・アシスタント職)

・「化粧水はリーズナブルなものをたっぷりと使うようにしている。高いものだと結局ケチって少量しか使えないので」(34歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

・「お風呂上がりは服を着るよりもまず化粧水!」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「保湿を心掛ける。インナードライの肌なので、水分を中に入れ込む気持ちで、化粧水をたっぷりとつける」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

メイクを落としたら、最優先は保湿ですよね。化粧水はお肌が「もういっぱい!」と悲鳴を上げたくなるくらい、染み込ませてあげましょう。

■こんなスペシャルなケアも……

・「オイル美容。オイルを使って蒸しタオル美容法をするとモッチリ肌になれる」(29歳/商社・卸/事務系専門職)

・「週に一度化粧水パックをする」(32歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「定期的に角質ピーリングを行うようにしている。毛穴などの詰まりを防ぐことができるので」(27歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「蒸しタオルで汚れを浮かせる」(32歳/学校・教育関連/専門職)

化粧水や乳液だけでは足りない人にはこんなケアを。自分に合った化粧品を見つけて、お肌の乾燥がひどいとき用に使うのもよいかもしれませんね。

■まとめ

メイクをきちんと落として保湿をていねいにすることがポイントのようです。美肌のために高い化粧品を買うのも確かに効果があるかもしれませんが、まずは毎日のお手入れ方法を見直しましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2016年1月にWebアンケート。有効回答数214件(22歳~34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]