お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 スキンケア

女性が一番「何とかしたい」と思う肌トラブルTOP5! 2位「乾燥」、1位は……

ファナティック

毎日きちんとお手入れをしていても、肌トラブルがゼロになる、というのはなかなか難しいもの。では、世の女性が一番「何とかしたい」と思っている肌トラブルって? アンケートで聞いてみました。

Q.あなたが一番「何とかしたい!」と思う肌トラブルは?

●1位/毛穴……22.4%
○2位/乾燥……17.6%
●3位/シミ・そばかす……16.5%
○3位/ニキビ・吹き出物……16.5%
●5位/クマ……7.1%
※単一回答式・6位以下は省略。

■1位/毛穴

・「イチゴ鼻みたいになっていて、汚いと感じるから」(32歳/不動産/専門職)

・「メイクをしたときにカバーしきれなかったり、特に夕方化粧が崩れてきたときに目立ってしまうから」(26歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「ニキビはスポット美容液などを使うと比較的すぐよくなるが、毛穴はどんなに洗顔や化粧水を気をつけても、まったくよくならないから」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

一番多かったのは「毛穴」の悩み。黒くなってイチゴ鼻のようになっていたり、毛穴が開いていて化粧ノリが悪かったりと頭を抱えている人は多いよう。一度開いてしまった毛穴はなかなか閉じてはくれませんし、汚れが詰まってしまうとキレイにするのも大変ですよね。

■2位/乾燥

・「冬場は空気の乾燥によるカサつき、夏場はエアコンによる乾燥などで、一年中乾燥対策をしている」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「冬場のテカリと乾燥の共存状態は本当に大変。カサカサ&ベタベタでどっちも改善したい」(33歳/電力・ガス・石油/技術職)

・「今の季節は頬と口元の乾燥がつらい。メイクは粉拭きになるし、メイクしてないときも突っ張ったかんじがする」(26歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

冬場は特に乾燥しやすい時期ではありますが、実は夏場もエアコンなどによる「乾燥」で肌にダメージが。カサカサした肌だとメイクノリもイマイチになってしまうので、何とかしたいですよね。さらに、乾燥&テカリ両方に悩まされる人も。どうお手入れをすればいいのか困ってしまいます……。

■3位/シミ・そばかす

・「シミがコンシーラーでも消えない」(34歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「昔のニキビ跡が、シミのように目立つ。肌色全体がくすんだ感じがする」(31歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「昔日焼けしてできてしまったシミとかが最近になって目立つようになってきた」(28歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

3位は「シミ・そばかす」。若いしちょっとくらい大丈夫、と思って日焼けやニキビを放っておいたツケが……なんてことあると思います。コンシーラーでカバーしていても、時間が経つと浮いてきたりと隠すのも難しいのが「シミ・そばかす」。後々のためにも、ちょっとくらい大丈夫、と思わず日焼け対策は万全にした方がよさそうです。

■3位/ニキビ・吹き出物

・「ニキビができると気分が落ち込む。化粧ノリが悪くなる」(24歳/生保・損保/事務系専門職)

・「顎まわりにニキビ・吹き出物が出る。特に生理前。跡が残ったら最悪」(34歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

・「ニキビ跡がたくさんあってすっぴんが好きじゃない」(26歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

同じく3位の「ニキビ・吹き出物」。ストレスや生理によるホルモンバランスの乱れからニキビが大量発生してしまう女性も多いかと思います。ニキビは目立ちやすいので、ポツンとできてしまうと気分も落ち込んでしまいます。

■5位/クマ

・「目の下のクマがひどく、不健康そうに見える」(32歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「目元のクマが色素沈着を起こして、顔色が悪く見えるのが悩み」(30歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「昔からクマができやすい体質だったが、最近化粧でカバーしても隠しきれないくらいになってきてしまい、目元のハリや美白用の美容液、アイクリームを使いはじめた。まだ実感はないけど……」(30歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

「クマ」が第5位にランクイン。一度できてしまった「クマ」は中々消えてくれず、寝不足じゃない日にも跡が残っていて、不健康そうな印象に……なんてことも。コンシーラーで隠してみてもキレイに消えてくれず、こちらも対処法が難しい肌トラブルの一つです。

みなさんはどんな肌トラブルを抱えていますか? 一度現れると、中々消えてくれず、対処も難しい肌トラブルたち。日ごろから基礎化粧品などの外側からのケアだけでなく、規則正しい生活や栄養バランスの整った食事など、内側からのケアも心がけて、肌トラブルがあらわれにくいような肌づくりを目指したいですね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2015年12月25日~2016年1月5日
調査人数:170人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]