お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

何も言わずにソレやめて、お願い! 生理中だと、ついイラッとしてしまう彼の言動4つ!

ファナティック

生理中は体調が優れず、ついイライラしてしまうことも多いですよね。普段なら許せることや気にならないことも、妙に気に障り、相手につらく当たってしまうことも。生理中にイラッとしてしまう彼の言動を、社会人の女性に聞いてみました。

■鈍感な彼にイラッ

・「こっちの体調不良には一切気づかずに、いつも通りに予定を立てているとイラッとしてしまう。何も言わなくても気づいてよ! と思ってしまう。冷静になると理不尽な怒りだったとは思うけど、生理中は自分中心でしか考えられなくなるときがある」(26歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)
・「生理中で空腹感がないから、本当は食べたいのに箸があまり進まないのに、無理やり食べさせようとする態度にイラっとした。女性の体の仕組みぐらい、大人の男性ならわかってて当然だと思うのに、何ひとつわかってないから」(34歳/商社・卸/事務系専門職)

こちらがお腹が痛くてだるくて大変な思いをしているときに、鈍感でデリカシーのない言動を繰り広げられたら、やはりイラッとしてしまいますよね。ですが男性は生まれてこのかた生理を経験したことがありません。その辛さを理解してもらうのは無理というものです。

■批判的な態度にイラッ

・「批判的な言葉はすべて。PMSだと思う。よく機嫌悪いねと言われる」(25歳/情報・IT/技術職)
・「何かについて批判すること。気持ちがネガティブになりやすくなるから」(33歳/その他/クリエイティブ職)

生理中はただでさえも気持ちがナーバスになりがち。そこに批判的な態度を取られると、イライラ度は一気に上がってしまいます。生理中くらいお姫様でいさせてほしいというのは女性のわがままでしょうか。

■甘えた態度にイラッ

・「『ご飯作って』と言われるとむかっとする。ご飯くらい自分で何とかしろと言いたくなる」(31歳/その他/その他)
・「『お茶入れて~。』『自分で入れろ!! こっちはお腹痛いんだ~!!』と言ってしまった」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

男性は付き合い始めると女性に甘える人もいます。まだ妊娠もしていないのに子どもが一人家にいるようだと感じる人もいるでしょう。自分でできるはずのこともせず、甘えてばかりいられると、なんで女ばかりが……と思わずにはいられません。

■マイペースな彼にイラッ

・「仕事の帰りが遅くて帰りたいのに、自分が今いるバーに顔を出してと言われ、結局1時間以上そこにいた。帰りたいと言っているのにわかってくれないと自分勝手だなと思ってしまうから」(31歳/情報・IT/技術職)
・「長い距離を歩かされる。お腹が痛かったりだるかったりするので、なるべく動きたくないから」(23歳/金融・証券/営業職)

マイペースな彼を持つ人は、こちらの体調を考えない彼の行動に悩まされているようです。いくら体調が悪くても、デートは予定通り決行するという強い意志はいりません。生理中の女性は、とにかく振り回されたくないのです。

■まとめ

生理中にイライラしてしまうのは生理現象なので仕方ありませんが、感情にまかせて彼に当たってばかりいるのも考え物です。生理中は彼と距離を置いたり、そもそも男に理解してもらおうと思うのがまちがっているんだと思えば諦めもつくでしょう。生理中は余計なストレスを抱えず、心穏やかに過ごしたいものですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年1月にWebアンケート。有効回答数153件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]