お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

油断してた……。普通のショーツに生理の血がついてしまったときの対処法3つ!

ファナティック

人によって生理周期はさまざまですが、必ずしも予定していた日に来るとは限りません。ときには大幅に遅れたり、早まることもあります。突然やってくる生理は、お気に入りのショーツを汚してしまうことも。そんなときの対処法を、社会人の女性に聞いてみました。

■とりあえずの応急処置

・「その場で応急処置をして、帰宅後すぐ洗う。だいたいセットアップで下着を購入しているので、ショーツだけダメにしたくないから」(28歳/金融・証券/事務系専門職)
・「とりあえず、シミ抜きのように血を拭き取る。ショーツについた血がほかにしみないようにするため」(30歳/その他/専門職)
・「外出中なら、その上にナプキンをする。洗いたいけど洗えないから」(23歳/医療・福祉/事務系専門職)
・「オキシドールをかけて置いておく。経血汚れがキレイに取れるから」(26歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

家にいるときなら履き替えれば済むことですが、外出中であればとりあえずの応急処置が必要になります。家に帰るまでに乾燥させないためにはスプレー式の容器にオキシドールを入れておくと便利です。サニタリー用ショーツを一枚持ち歩いておけばさらに安心ですね。

■すぐに洗って再生を試みる

・「すぐに取り換えて洗う。時間が経つとどんどん汚れが取れなくなってしまうので」(27歳/電機/事務系専門職)
・「急いで洗濯する。血液は早く洗わないと落ちなくなるから」(34歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)
・「できるだけ早く洗う。漂白剤に頼る。時間が勝負。家に帰ったらすぐ洗います」(31歳/医薬品・化粧品/営業職)
・「冷水で洗って落とす。冷水がいいと母に教わった」(33歳/自動車関連/事務系専門職)

経血汚れは一刻も早く落とすことが大切です。ですが外出先や会社では洗うことはまず難しいので、家に帰ってきたら放置せずにすぐに洗ってしまいましょう。血液は高温のお湯では凝固してしまいます。アルカリ系の洗剤を使い、お水で洗うことをオススメします。

■ゴミ箱行き……

・「あきらめて捨てます。経験的にシミは基本的には落ちないので、捨てるしかないんですよね」(24歳/食品・飲料/技術職)
・「捨てる。新しいものを買う」(25歳/小売店/事務系専門職)

程度にもよると思いますが、あまりにシミが濃く残るようであれば、使い続けるのは難しいかも。ていねいに洗っても、経血は鉄分が多いためにさびたような汚れが残ってしまうこともあります。生理前になったらお気に入りのショーツは避けたほうが無難かもしれませんね。

■まとめ

いつ来るかわからない生理に一喜一憂しないためにも、事前の対策を万全にしておくことが大切です。生理前になったらおりものシートを使ったり、捨てても惜しくないショーツを着用するなど、いつ生理が来ても困らないように準備しておきましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年1月にWebアンケート。有効回答数153件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]