お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

風邪をひいたときに食べるもの「おかゆ」「うどん」「バナナ」

ファナティック

手洗いやうがいにマスクなど、どんなに気を付けていても風邪をひいてしまうことはありますよね。風邪のときは食欲もなくなりがちですが、そんなときに女性のみなさんはどんなものを摂っているのでしょうか? さっそく聞いてみました!

■食べやすいもの

・「うどん。食べやすいから」(26歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「うどんやおかゆ等、喉ごしがいいものを食べます。食欲がなくなるので」(31歳/医療・福祉/その他)

・「うどん、おかゆ、バナナ、カロリーメイトなど。風邪のときは野菜がどうしても不足しがちなのでサプリメントで補うようにしている」(25歳/食品・飲料/専門職)

多かったのはうどんやおかゆなど「食べやすいもの」でした。風邪で食欲がないときは、うどんやおかゆの柔らかさにほっとしますよね。消化がいいので胃に負担がかからないのもうれしいところです。

■ショウガで温まる

・「ショウガ湯。体が温まるから」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ショウガたっぷりのものを食べて、身体の中から温める」(29歳/商社・卸/事務系専門職)

・「ショウガ、ネギ、みそ、にんにく。体の内側から温めるため」(25歳/自動車関連/技術職)

「ショウガ湯」など、ショウガを使ったものを食べるという回答も多くありました。ショウガは発汗作用はもちろんですが、熱を発散させる作用もあるので、風邪をひいたときには積極的に摂りたいですね。

■ビタミンを補給

・「ビタミンCを摂るのがいいと思うので、レモン汁をお湯に溶かしたものを飲む」(23歳/医療・福祉/専門職)

・「ビタミンを多く摂るようにしている。みかんとか。風邪にはビタミンがいいと聞いた気がするから」(28歳/金融・証券/専門職)

・「ビタミンCが効くと聞いたことがあるので、果物を食べるようにしています」(34歳/医療・福祉/事務系専門職)

昔から風邪には効果的と言われているように「ビタミンCを多く摂る」という回答もありました。サプリメントからビタミンを摂るのは手軽ですが、果物などから直接摂取したほうがほかの栄養素も摂れるので効果的なようです。

■ゼリーやプリン、ヨーグルトなど

・「ゼリー、プリン、果物やスポーツ飲料など水分が多いものが食べやすい」(31歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

・「ヨーグルトやプリンやゼリーなど食べやすくて消化にいいデザート、手軽に栄養補給できるバナナ、温かいお茶など」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

ほかには「ゼリー」「プリン」「ヨーグルト」など、水分が多くて食べやすいものや「バナナ」「スポーツ飲料」「温かいお茶」という回答も。高熱が出ているときは水分補給が大事なので、食べやすいゼリー類は欠かせませんよね。

■まとめ

「風邪をひいたときに食べるもの」について、いろいろな食べ物や飲み物が挙げられました。うどんやおかゆといった定番のものから、デザートとしても食べられるゼリーなど、どれも食べやすいものばかりです。風邪をひいたときは、水分補給と栄養補給が一緒にできるものを食べて、風邪のウイルスを撃退しましょう!

(ファナティック)

※画像はイメージです。

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2015年12月22日~2016年1月7日
調査人数:186人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]