お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

みんなはどうしてる? 風邪で熱が出たときの対処法

ファナティック

風邪にも鼻風邪や咳がひどいなどいろいろな種類がありますが、一番つらいのは熱が出ているときですよね。38度以上の高熱となると体を動かすのも大変です。今回は「風邪で熱が出たときの対処法」について、社会人女性のみなさんに教えてもらいました。

■あたたかくして寝て汗をかく!

・「体をあたためて、寝る。汗をかくと治りが早い気がするから」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

・「水分をたくさん取ってひたすら寝る。汗をかいて体温が下がる」(26歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「あたたかくして寝る。汗をかくと熱が下がるから」(28歳/金融・証券/専門職)

多かったのは「あたたかくして寝て汗をかく」という対処法でした。熱が出ているときに厚着をして部屋もあたたかくして寝ると、びっくりするくらい汗が出ますよね。汗をかいたあとは冷えないうちに体を拭いて、着替えるのも大事です。

■水分補給は大事!

・「生姜湯を飲む」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「スポーツドリンクをたくさん飲みます。栄養補給にいいと思うからです」(32歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「水分をたくさん飲む。割と早く熱が下がる」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

生姜湯などの体をあたためる飲み物や、飲みやすいスポーツドリンクなどで水分補給するのも大事ですよね。高熱が出ているとそれだけで体内の水分が減ってしまうので、栄養補給も兼ねて水分補給をまめに行いましょう。

■病院に行く!

・「早めに病院に行く。医者の薬が一番だと思うから」(32歳/不動産/専門職)

・「すぐに病院に行って薬を飲んでとにかくたくさん寝ること」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「病院に行って薬を処方してもらう。一番効果があったから」(27歳/その他/専門職)

一番早くて効果的なのは「すぐに病院に行って薬をもらう」という対処法です。熱が出ているときは病院へ行くのもしんどいですが、病院で処方された薬を飲むと熱も早く下がります。特に高熱が出ているときは、早めに病院へ行きましょう。

■その他

・「風邪薬と栄養ドリンク剤を飲んで、あとは寝る」(22歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「病院で点滴を打ってもらう」(22歳/ソフトウェア/技術職)

ほかには「風邪薬と栄養ドリンク」というお馴染みのものから「病院で点滴を打ってもらう」という対処法もありました。熱があるときはビタミン補給も大事ですよね。どうしても仕事を休めないときは、最終手段として点滴を打ってもらうとだいぶ楽になります。

■まとめ

「風邪で熱が出たときの対処法」について、5つの方法が挙げられました。あたたかくして汗をかいたり、水分補給をして寝たり、市販の風邪薬を飲んでも熱が下がらないときは、病院に行くのが一番効果的かもしれませんね。高熱を出さないためにも、日ごろの風邪予防はきちんとしておきましょう!

(ファナティック)

※画像はイメージです。

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2015年12月22日~2016年1月7日
調査人数:186人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]