お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

もう我慢できない~! 「乾燥による肌のかゆみを抑える方法」3つ

ファナティック

乾燥が厳しい冬がやってくると、肌が粉をふいてしまったり、かゆくなってきてしまったりと、肌トラブルに悩まされる人も増えてくるもの。そこで今回は、女性のみなさんに、乾燥による「肌のかゆみを和らげる方法」について、アドバイスをもらいました。

■クリームを塗る

・「クリームを塗ること。一番手っ取り早い」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「クリームは常に塗って乾燥しないようにする」(31歳/運輸・倉庫/技術職)

・「クリームをマメに塗る。乾燥が少しは抑えられると思うから」(32歳/不動産/専門職)

クリームをこまめに塗ってあげることで、お肌をしっかり保湿することができます。顔や体全体に、化粧水をたっぷり塗った上で、クリームでフタをしてあげると効果的かもしれませんね。

■保湿効果のある入浴剤を使う

・「入浴剤を入れてお風呂に入ったり、保湿効果の高いボディウォッシュやボディミルクなどを使ったり。部屋の湿度にも気を配りたいけどそこまではやってない」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ボディソープを保湿ものに変えて、入浴剤でも保湿する。とにかく肌の乾燥を防ぐ」(32歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「入浴剤を使用する」(23歳/その他/その他)

入浴剤を使ってみることをオススメする声も。乾燥による体のかゆみが気になってしまうという人は、なるべく保湿性の高い入浴剤を使うといいかもしれません。ただ、敏感肌の場合は、入浴剤が刺激になってしまう場合もあるので要注意!

■自分の肌に合ったインナーを着る!

・「シルクの肌着を身につける。すべすべで肌触りがいいし、保湿効果もあると聞いたので」(33歳/運輸・倉庫/専門職)

・「乾燥対策の尿素など含まれたクリームを使う。毛羽立っておらず、椿油混合のインナーを着用」(27歳 /電機/事務系専門職)

肌のかゆみが気になるときは、インナーの素材を見つめ直してみるのもいいようです。最近では、保湿効果のあるインナーも発売されているので、さまざまな素材を試してみて、自分の肌に合ったものを見つけられるといいですね。

<まとめ>

冬の乾燥によるかゆみが原因で、ついかきすぎてしまうと、肌がボロボロになってしまうことも……。全身にクリームを塗って保湿するなど、乾燥対策をしっかりして、肌トラブルに気をつけましょう!

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2015年12月28日~1月4日
調査人数:136人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]