お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

目的は妊活・美容・健康! 働く女性の愛用サプリって?

ファナティック

体に必要な栄養素は食事からとるのが理想ですが、どうしても不足しがち。そんなとき、足りない栄養素を補ってくれるサプリメントは、日々忙しい女性の強い味方! 自分に足りないものをピンポイントで補えて、摂取量もコントロールできるのが魅力ですよね。今回は働く女性が飲んでいるサプリと目的について、アンケートを募ってみました。

■妊活・女性ホルモン増加

・「葉酸のサプリメント。子どもがほしいので」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「イソフラボン。女性ホルモン増加のため」(24歳/金融・証券/営業職)

・「DHA。妊婦なので」(32歳/建設・土木/技術職)

葉酸やDHAなどは、妊活中や妊娠中の女性が積極的にとりたい栄養素ですよね。サプリを飲めば効率的に摂取できるし、余計なものが入っていないので赤ちゃんへの影響を心配する必要もありません。大豆などに含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをしてくれることでも知られているようです。

■健康のため

・「マルチビタミン、メリロート、鉄分。栄養摂取、むくみ改善、貧血予防目的」(23歳/小売店/事務系専門職)

・「マルチビタミンです。肩コリによく効くからです」(32歳/ソフトウェア/技術職)

・「ブルーベリーアイ。PCを見続ける仕事なので」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「ビタミン。野菜不足だから」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

食生活が不規則になりがちで慢性的な野菜不足の女性はビタミン、仕事で目を酷使するという女性は、眼精疲労にいいと言われるアントシアニンを多く含んだブルーベリーのサプリ。自分の体調に合わせて不足しているものをサプリで補えば、肩コリやむくみ、貧血などの症状も徐々に改善されていきそうですね。

■美容のため

・「ビタミンC。シミを緩和させるため」(31歳/金融・証券/営業職)

・「カロリミット。ダイエット」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「ビタミンやカルシウムなど。ニキビができやすいので、ビタミンは何種類か飲んでいる」(28歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

ビタミンが不足すると肌荒れやシミなどの原因にもなりがち。ビタミンは体内にストックできないと言われているので、サプリで少しずつ補うとよさそうですね。ダイエット用のサプリも種類が豊富なので、ほかのダイエット法と併用してみると効果が出るのも早いかもしれませんね。

■まとめ

葉酸・イソフラボン・DHA・マルチビタミン・メリロート・ブルーベリーアイなど、さまざまなサプリメントが挙げられました。サプリは基本サポート食品なので、効果を感じられるまでのスピードも比較的穏やか。実感するまでに時間がかかることも多く、個人差もありますよね。サプリを飲んでいるからといって安心せず、規則正しい食事も心がけたいもの。あなたが気になったサプリはありましたか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12 月24日~2016年1月8日
調査人数:134人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]