お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

女が理解できない「男のこだわり&ロマン」6選 「○○自慢」「絶対に○○と言わない」

森川ほしの/OFFICE-SANGA

男のロマン

いつの世も、わかり合えないのが男と女。特に、女性にはなかなかピンとこないのが「男のロマン」と「男のこだわり」ではないでしょうか? くだらない、わからない、どうでもいい……。そんな、理解できない「男のロマン」と「男のこだわり」について、働く女性たちに聞いてみました。

■車は男のロマン?

・「給料が少ないのに高い車に乗りたい願望がある。稼いでから買いな」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「車を何台も購入する。移動手段では一台あれば十分なのに、多額のお金をつぎ込んで買うのがくだらないと思う」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「『車にお金をかけることがかっこいい』という風潮。車は走ればそれでいい」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

たいして乗らないのに何台も車を買ったり、シートや部品などにこだわって、お金をつぎ込んで改造したりする男性の気持ちは、筆者もサッパリわかりません。本当に車が好きな人はごく一部で、「車にこだわっているオレ」に酔っている男性が大半のような……。

■言わないの? 言えないの?

・「自分から謝らない。悪いと思ったら謝ればいい」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「『好き』と絶対に口に出さない」(30歳/建設・土木/営業職)

・「『愛している』と言わない。自分の旦那さんがそう。なぜだかわからない」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

これも、なぜでしょうね。「口に出したら負け」「先に折れたら負け」とでも思っているのでしょうか? サラリと「ゴメンね」「好きだよ」と言える方が、男性としてカッコイイと思うのですが……。女性にはサッパリ理解できない、男性の不思議なこだわりです。

■何が楽しいのやら……

・「筋肉自慢」(24歳/生保・損保/営業職)

・「体を鍛えて、自分の裸体をスマホで撮って満足している。自分の体を見て何が楽しいのかと思う」(29歳/金融・証券/営業職)

・「夏だから体を鍛えている。それより彼女見つけるのが先じゃない?」(31歳/その他)

「強い男=筋肉」ということなのでしょう。あまり鍛えすぎてムキムキになると、女性受けは悪くなりそうなのに。それにしても、スマホで自分の裸体を撮影とは……。あとでその写真をながめて、満足そうにニタニタしているのでしょうか?

■困った収集癖

・「フィギュアを集めること。意味がわからない。高いお金を使って集めてどうなるの? と思ってしまう」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「似たような音楽機材にお金をかけているところ。それぞれ違いがわからない」(28歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

筆者が昔つき合っていた男性は、プラモデルを大量に集めていました。同じ箱がいくつもあるので「同じもの2つはいらないんじゃない?」と言ったら彼は怒りだし、「よく見ると同じ商品ではないこと」「同じ商品が2つ必要な場合もあること」を、延々と語り倒されました。男性の収集物には、口を出さない方がいいです。

■よくわからない「男のロマン」

・「料理はシェフの料理本を見て、数時間かけて作る。家にある食材でささっと作れたほうが、よっぽどかっこいいのに」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「最新のスマホに、すぐに変えたがる。最新を持っていることが美学だと思っていることの意味がわからない」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「寝てないなど、無意味な自慢」(31歳/その他)

男性たちにはそれなりの理由があって、こだわったり、自慢したりしているのでしょう。しかし、残念ながら女性にはまったく理解できません。寝ていないことがカッコイイなんて……。心底そう思って自慢しているのだとしたら、非常に残念です。

■無駄な見栄

・「店員の前などだけ見栄を張って、おごるふりをする」(26歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

・「食事のお金は男が出す。一度おごってもらったので、カフェのお金を私が出そうとしたら、『店員さんにヒモだと思われる』とかなんとか言って、払わせてくれなかった」(23歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

店員さんも、いちいちどのお客さんが支払ったのかなんて見ていませんし、見ていたとしたって、すぐに忘れてしまいます。それでも、見栄を張らないといけないのでしょうか? 押しつけるようにおごられても、うれしくありませんよね。

■まとめ

直接自分に影響がなければ、「男のロマン」だろうが「男のこだわり」だろうが、勝手にしてもらって結構。しかし、趣味にお金をつぎ込んだり、邪魔になるほど物を集めたりされると迷惑ですよね。ロマンやこだわりも良いですが、周囲にいる人のことも、少しは気にかけてもらいたいものです。

(森川ほしの/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数173件(22~34歳の働く女性)

※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]