お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

実は……たとえ好きな女性とでも「今日はデートしたくないな」と男性が思うとき4選

ファナティック

デートの約束をしたはずなのに、当日になってごね始める彼氏……。女性は予定に合わせていろいろ準備しなきゃいけないため、こんなとき本当にムカッとしてしまいますよね。そこで「今日はデートしたくないな」と思うときについて、社会人男性に聞いてみました。

■仕事で疲れたときは行きたくなくなる

・「疲れているとき。飲み会の次の日は寝不足なのでデートしたくないです」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「仕事で疲れているとき。相手をするのが面倒くさいから」(33歳/電機/技術職)

仕事がハードだった日の翌日は、前々からデートの予定が入っていたり、たとえそれが自分が提案したデートだったとしても行きたくなくなる……のが男性の本音。ただこんな気持ちは、同じく働いている女性ならよくわかるかも?

■趣味に没頭したいとき

・「新作ゲームの発売日や見たいテレビがあるときは、デートするよりそっちに集中したいと思ってしまう」(35歳/情報・IT/技術職)

・「趣味に没頭したいとき、一人きりで集中したいので」(26歳/農林・水産/技術職)

休日にしかできないような時間がたっぷりかかる趣味を持っていると、デートの予定がおっくうに感じられることもあるとか。彼氏がこんな趣味を持っている場合は、時間のやりくりに注意してあげながらデートをする必要があるかもしれません。

■天候や季節が悪いとき

・「花粉症シーズン。外に出ることが自殺行為なので」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「雨が降っていると外出したくなくなるから」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

天気が悪い日や体質に合わない季節の時期は、外に出掛けたくなくなるもの。女性はさらにプラス毎月の体調の波があるため、デートの予定が多少変動するのは「やむなし」かも? つらい時期のデートプランは柔軟に組んでおくのがおすすめです。

■気分が下がっているとき

・「機嫌が悪くなるようなことがあって、まだ切り替えに至っていないとき。ギスギスした雰囲気を伝染させてしまいそう」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「落ち込んでいるとき。作り笑顔をするのがつらいから」(34歳/情報・IT/技術職)

気分が下がっているとデートを楽しめなくなるもの。個人的な事情で彼女を不安にさせたり、不快にさせたりするなら「行かないほうがいいかも」と男性は考えるときがあるようです。彼氏に何かあったなと感じたら、お家デートに切り替えて2人まったりするのもよさそう?

女性もそういうときがありますが、男性もやっぱり「今日は行きたくないな」とデートがおっくうになる日もあるよう。彼氏が突然デートをキャンセルしてくるとムカッとしがちですが、「お互いそういうときあるよね」と見過ごす心の余裕も、必要かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年9月にWebアンケート。有効回答数105件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]