お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性の身体

生理中のお風呂上り、どうしてる? 汚さない方法とは

ファナティック

生理中は、自分でも気づかないうちに漏れたり垂れたりしてしまうもの。さっとカバーしなければなりませんよね。そこで今回ピックアップするのは、気を抜いてしまいがちなお風呂上り。いったい、働く女子たちは生理中のお風呂上りにどんな工夫をしているのでしょうか。聞いてみました。

■すぐ下半身を拭く

・「すぐに下だけ拭いてパンツをはく」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「すぐに体の下半身をふいてナプキンつきのパンツをはく。それからゆっくり着替えする」(26歳/その他/秘書・サービス系)

髪を乾かすのはあと、すぐに下半身を拭いてショーツをはく。周りを汚さないためにも、迅速な対応が求められるみたいです。

■あらかじめショーツにナプキンをセット

・「経血が出てこないうちにさっとタオルで体をふき、あらかじめナプキンをつけておいたパンツをすぐにはく」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「湯船に入っている段階でショーツにナプキンを装着しておく。タオルで押さえて体を急いで拭いてからショーツをはく」(33歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「新しいナプキンをあらかじめ着替えのパンツに着けておいて、なるべく早くはく」(32歳/商社・卸/事務系専門職)

お風呂に入る前、あらかじめショーツにナプキンをセットしたものを置いておく。こうすることで、下着をつけてからナプキンをセットするという行程をひとつ減らせます。

■ティッシュでさっと拭く

・「ティッシュで拭いたあと、着替える」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ティッシュで拭いてからナプキンを付けたパンツをはく」(32歳/金融・証券/営業職)

・「ティッシュを用意しておいてお風呂上がりにすぐ拭きナプキンを当てます」(30歳/ソフトウェア/秘書・アシスタント職)

体を拭くよりも先に、ティッシュでさっとぬぐってから下着をつける女子も。ティッシュを使ってからのロスタイムを十分活用しているみたい。

■タオル・ショーツは手の届くところに

・「元々お風呂場にタオルとパンツ、ナプキンを持ち込んでおいてから浴槽を出てすぐ体を拭いてナプキンなどを身につける」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「タオルとパンツ・ナプキンを同じ場所に用意しておく。血がつきそうな部分以外をタオルで拭き、その部分はトイレットペーパーとかで拭いてからパンツ・ナプキンをすぐにつける」(24歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「家がユニットバスだから、生理用品とパンツを置いておいて、出てすぐはく」(27歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

いつもはちょっと遠いところに置いている下着やタオル類は、あがってからすぐに身につけられる位置に。のんびりするのはショーツをはいてからにしたほうがよさそうです。

いかがでしたか? ほかにも「ボロタオルでおさえながら体を拭く」「タオルの色は赤や黒にする」など汚れてもいいものを活用することが多いみたいですね。お風呂あがりに下着を汚してしまいがちなあなた、ぜひこれらを参考にしてみては。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数215件(22歳~39歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]