お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

オトコのぶっちゃけ本音を聞いてみた! もし妻との間に子どもができなかったら離婚する?

ファナティック

結婚して子どものいる家族での生活を夢見る人にとって、もし子どもができなかったら……と想像するのは、かなり厳しいことかもしれません。男性たちは、もし妻との間に子どもができなかったとしたら、どんなふうに思うのでしょうか? ズバリ「離婚しても仕方ない」と思うかどうかについて、アンケート調査をしてみました。

Q.もし妻との間に子どもができなかったら離婚しても仕方ないと思いますか?

 「思う」……17.1%
 「思わない」……82.9%

8割を超える男性が「子どもができなくても離婚しても仕方ないとは思わない」と回答しました。子どもができるかどうかだけが、結婚や夫婦のあり方とは限りませんよね。では、それぞれの意見を詳しく見ていきましょう。

<「離婚しても仕方ないと思う」と答えた男性の意見>

■どうしてもほしいなら仕方ない

・「どうしても子どもがほしい人もいると思うから」(36歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「もし子どもがほしくて結婚した人なら、それも仕方のないことだと思うから」(29歳/機械・精密機器/技術職)
・「それぞれの譲れないものはあると思う」(35歳/ソフトウェア/技術職)

どうしても子どもがほしいと望んでいる人がいるのも事実ですよね? どうしても譲れないものだとしたらそれも仕方ないと答える男性もちらほら。そんな気持ちは理解できても、なんだかちょっと切ない気持ちになりますね。

■わだかまりになりそう

・「どうしても子どもがほしい場合、我慢して関係性を続けていても、いずれ破綻すると思うので」(37歳/その他/その他)
・「将来的にお互い無理して我慢するくらいなら早めに諦めるのも手」(36歳/建設・土木/技術職)
・「けんかの原因になるだろうし、まわりのプレッシャーなんかもあり、続かない気はする」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

そのことが原因でその先ももめてしまいそう……と考える男性もいるようです。決して小さなことではないだけに、なかなかふっきるのは難しいかもしれません。そんな気持ちを引きずったまま結婚生活を続けるのは、お互いに難しいことかもしれませんね。

<「離婚しても仕方ないとは思わない」と答えた男性の意見>

■子どもだけがすべてではない

・「子どもだけが結婚ではないと思うので」(36歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「子どもがいたらもちろんいいがそれだけが目的で結婚したわけではない」(34歳/学校・教育関連/専門職)
・「子どもができないのは残念なことだが、妻と一緒にいることも大切なことだから」(29歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

8割以上の男性たちが、子どもだけが結婚の目的ではない、とズバリと回答してくれました。子どもは子ども、結婚は結婚。そんなふうにはっきり分けて考えてくれる男性が多いのは、女性にとってはとてもうれしいことかもしれませんね。

■夫婦でいることが大事

・「夫婦で一緒にいることが大切」(36歳/金属・鉄鋼・化学/その他)
・「子どもも大事だが妻が大事」(38歳/学校・教育関連/その他)
・「もしできなかったら2人の時間を楽しみたいから」(39歳/小売店/販売職・サービス系)

夫婦のあり方は人それぞれ。子どものいる人生もいいけれど、2人で楽しめる人生もある。そんなふうに考えてくれる男性も多いようです。長い人生、そんな人と一緒に歩いていけたらいいですね。

■まとめ

子どもができるかどうかの問題は、男性、女性両方にとってとても重要な問題かもしれません。離婚もひとつの選択肢ですが、そんな人生の大きな問題にぶつかったときに、一緒に乗り越えてくれる人を結婚相手に選ぶことが、もしかしたらとても大事なことかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2015年12月にWebアンケート。有効回答数293件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]