お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 メンタル

早く家に帰りたい……! 女子たちが「人付き合いが面倒くさいと思う瞬間」4選

ファナティック

慣れ親しんだ友人や彼氏などならいいですが、あまり心を開いていない相手との間には、気まずい雰囲気が流れてしまうもの。場合によっては、そのせいで人付き合いが億劫に感じてしまうこともありますよね。そこで今回は、女性のみなさんに、「人付き合いが面倒くさいと思う瞬間」について、本音を聞いてみました。

■会社の飲み会が嫌!

・「会社の飲み会。早く帰りたいしお金もかかるので出たくないけど、付き合いなので行かざるを得ないときに面倒だと感じる」(34歳/学校・教育関連/専門職)

・「会社の飲み会。体育会系の上司の下だと、いろいろと上下関係のしきたりが面倒だから」(28歳/金融・証券/事務系専門職)

・「仕事後に会社の人と飲みに行くとき。仕事が終わったら自由になりたいから」(24歳/機械・精密機器/営業職)

会社の飲み会は行きたくなくても、付き合いがあるので行かざるを得ないことが多いものです。本当は早く帰りたいと思っていても、それを表情に出せないのがツラいところ。

■親戚との付き合いが面倒くさい!

・「親戚が集まるとき。親しくない人が多く神経使うから」(26歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「上司や親戚、苦手な知人からの忠告に耳が痛い。また、興味がないこと、どうでもいいこと、つまらない話に付き合わなければいけない」(31歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

お正月などに親戚が集まると、お付き合いで話をしなければならないことがあるものです。口うるさいおばさんの質問責めにあったり、酔っぱらったおじさんの相手をしたり……。たしかに面倒に感じてしまいそうです。

■相手と本音で話せない!

・「本音で言いたいのに建前で話さなければならないとき。ひとりになりたいなと思うから」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「本音で話せない間柄の人と接するとき」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「合わないと思いながら、相手を否定しないようにする瞬間」(25歳/情報・IT/技術職)

本音で話ができない間柄の人と話すときは、相手と意見がちがっていても、なかなかそれを伝えることはできないもの。だからこそ、フラストレーションがたまるという人も多いようです。建前で話をしていると、気疲れしてしまいますよね。

■空気を読んで気を遣うのがツラい!

・「久しぶりに会う、そこまで親しくない友人に会うときなど、気を遣って話さないといけないとき」(27歳/電機/事務系専門職)

・「行きたくない集まりに、場の空気を読んで行かなければならないとき。面倒だなと思うから」(32歳/不動産/専門職)

気を遣う相手と話をしなくてはいけないときも、面倒に感じてしまいますよね。周囲の空気を読みながら人付き合いをするのは、できれば避けたいと思ってしまう人も多いはず。

<まとめ>

本音と建前を使い分けなければいけない場というのは、いつもより気を遣うので、人付き合いが面倒くさく感じてしまうことも少なくありません。しかし、社会人になると、そういう場のお付き合いが増えてくるのも事実。そこは気持ちを切り替えて、“大人の対応”ができるようにしたいものです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2015年12月28日~1月4日
調査人数:136人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]