お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

同僚、上司がくさい…… くさいニオイを嗅ぎ続けると、人間はどうなる?

くさいニオイを嗅ぎ続けると、人間はどうなる?

「鼻をつまんで生の大根をかじってみると、梨と区別がつかない」。嘘みたいですが、これは実際に筆者が体験した話です。鼻から手を離すと、一気に口の中に大根の風味が押し寄せ、嗅覚は味覚にも影響を及ぼす重要な感覚ということがわかります。今回は、そんな嗅覚の特性について迫ります。

■くさいニオイにも、鼻は慣れる?

友達の家の玄関に入った時、いやなにおいではないけれど、特有の香りを感じたことはありませんか? でもしばらく経つと、においは感じなくなる。また、コーヒーの香りも、1杯目はとても濃く感じたのに、2杯目は薄く感じる。そのような経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

人間の嗅覚は、同じ匂いを長時間かぎ続けると、その匂いの感度だけが低くなるという特性を持っています。この現象を「順化」または「嗅覚疲労」と呼ぶそう。いわゆる「鼻が利かなくなる」という現象です。他の視覚や聴覚なども、同じことが繰り返されると感受性の低下は起こりますが、嗅覚はその中でも、特に“疲労しやすい感覚”。次の匂いを感知するには、初めの匂いとの間に少なくとも30~60秒の休息状態が必要といわれています。

しかし、「嗅覚」は、腐臭や刺激臭、敵の臭いといった危険な匂いをキャッチしたり、食べ物の匂いをかぎつけるなど、人間の生死に関わる重要な役割を果たす感覚。そんな大事な「嗅覚」なのに、すぐに疲労してしまうなんて……と思うかもしれません。でも実はこれ、外敵から自分たちを守る大切な仕組みでもあったのです。

人間をはじめ生き物は、敵や危険なものがない場所を自分のテリトリーとしています。そのため自分のテリトリーのにおいに慣れておくことは、万が一異質なものが入り込んできたときに、危険をすぐキャッチできるよう必要なのです。しかし嗅覚が順化せず、あらゆる匂いを常時かぎ続けなければならなかったとしたらどうでしょう? 敵のにおいは様々な匂いにまぎれ、自分のそばまで近寄っていたとしても気づかないでしょう。

また、嗅覚は他の感覚とは異なり、脳に直接伝わるという特性も。いやなにおいをかぎ続けることによる精神的ストレスを軽減するために、本能的に嗅覚を麻痺させている、という説もあるそうです。

さて、そんな嗅覚疲労ですが、においの種類によって疲労しやすいものと、しにくいものがあるのだとか。メタンチオール(腐った玉ねぎのようなにおい)イソ吉草酸(足のくさい匂いの原因となる物質)は、鼻が利きにくいにおいのひとつ。「足のニオイはどうにもガマンできない!」という理由は、鼻が慣れにくいニオイであるからのようです。

■マヒした嗅覚をリセットするには?

それでは、一度利かなくなった嗅覚をリセットするには、どうしたらいいのでしょう? 一番手っ取り早いのは、窓を開けて空気を入れ替える、またその場所から一旦離れることです。また、種類が全く違う香りのものを嗅ぐという方法もあります。香水販売店で、コーヒー豆が入った瓶が置かれているのを見た人もいるのではないでしょうか。これは、インテリアとしての役割だけではなく、麻痺した嗅覚をコーヒーの香りで目覚めさせる目的もあるのだそうです。

そのほか、自分の手のひらや甲などを鼻に当てて、自分自身のにおいをかぎ、嗅覚をニュートラルにさせる、という方法も有効と言われています。

500年前の東山文化の時代に確立した「香道」にも、嗅覚リセットのヒントがあります。香道は、香木のにおいを聞いて(香道では、においを「嗅ぐ」ではなく「聞く」と表現する)鑑賞するものですが、麻痺した嗅覚を回復させるために用いたものは「大根の漬物」であったとか。漬物を「香の物」と言うのは、ここからきているようです。

■まとめ

においを長時間嗅ぎ続けることによって起こる体の不思議、いかがでしたか? 自分のにおいはなかなか感じにくい、というのも納得ですね。嗅覚疲労はすぐに元に戻るとはいえ、強烈なにおいを長期間にわかって嗅ぎ続けるのは体にもよくないもの。「あれ?鼻が利かなくなってる?」と思ったら、コーヒーの香りを嗅いだり、換気をしたりして、リフレッシュしてみてくださいね。

<引用>

・東リオンライン 住まいづくりのライブラリー
https://www.toli.co.jp/m_library/m_library4_2_2.html

・におい・かおり環境学会誌 Vol. 36 (2005) No. 3
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jao/36/3/36_3_132/_article/-char/ja/

・フンドーキン醤油
http://www.fundokin.co.jp/washoku/200124.html

・日本デオドール
http://www.deodor.co.jp/nioimec.html

・国民生活センター におい そのメカニズムと対策(pdf)
http://www.kokusen.go.jp/wko/pdf/wko-201405_19.pdf

・R-25
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/rxr_detail/?id=20080410-90003945-r25

お役立ち情報[PR]