お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

同性が糾弾! 「不倫女」にありがちなこと4選 「悲劇のヒロインぶる」ほか

ファナティック

どれだけ好きになったとしても、やはり不倫は良くありませんよね。相手の家族を不幸にするということを考えると、簡単には不倫できないものです。そこで今回は社会人女性のみなさんに、不倫している女性にありがちで、同性として鬱陶しいなと思うことについて、お話を聞いてみました。

■自慢する

・「不倫していることをかっこいいと勘違いして堂々と友人に話している」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「不倫していることを自慢げに話して自分が悪いことをしているという意識がまったくない」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「不倫してる自分が好きで酔ってる。悪いとは思ってるんだけど……とは言うものの周りの意見は聞かない。やたらと恋愛の話が多い」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

自分が不倫していることによって不幸になっていることを、勘違いして不幸自慢する女性もいるものです。道徳に反しているということを、気づいていないのかもしれませんね。

■悲劇のヒロイン化している

・「悲劇のヒロインになった気分で、『会えないのがつらい』などと言ってくる人。冷静に自分を見つめなおせと思う」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「悲劇のヒロインみたいに話してくる。自分を正当化する」(24歳/情報・IT/技術職)

・「悲劇のヒロインぶってるところ」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

自ら飛び込んでいった恋愛なのに、悲劇のヒロインのようにふるまう女性も少なくないようです。つらいのは自分だけと考えているようですが、一番つらいのは奥さんに決まっていますよね。

■人のものを欲しがる

・「人のものを欲しがること。他人の持ち物とかにすぐ反応する」(35歳/情報・IT/事務系専門職)

・「カッコいい人ばかりに目がくらみ、人のものだからか余計燃えてしまうような、うがった性格の人だからこそ、燃えるような恋のうがった話には全くついていけない」(35歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「何でも人のものを取りたがる。人が褒められるのが嫌い。自分が中心にいないと嫌な女性」(25歳/その他/専門職)

何でも人のものを欲しがる女性は、割と不倫を平気でしたりする傾向があるようですね。自分のものになったら飽きてしまう恐れがあるので、相手が本気になったときが可哀想ですね。

■モテると思っている

・「モテていると思っている。既婚者にばかりモテているだけなのに勘違いはむかつく」(33歳/商社・卸/技術職)

・「モテてるという勘違い」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「自分モテます、いけてますみたいな雰囲気を出されるといやだ」(24歳/食品・飲料/その他)

既婚者にモテていて勘違いしてしまう方もいらっしゃるようです。不倫を通常の恋愛にカウントするのは間違いだと気づかないと、普通の恋愛をするのは難しいかもしれません。

■まとめ

不倫をしていて、いろいろ鬱陶しいと思う話をする女性は多いようですね。人の不幸の上にその恋があるのだと自覚していると、そんな話はできないと思うのですが……。モラルに欠ける行動は控えたいものですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2015年12月にWebアンケート。有効回答数196件(22歳~35歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]