お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 メンタル

心が折れそうなときに! 落ち込んだときの「メンタルケア」4選

ファナティック

日常をがんばればがんばるほど、ちょっとしたことがきっかけで気持ちが落ち込んでしまうことがあります。だからといってそれを表には出せないのが社会人。落ち込んだときに効果があるメンタルケアの方法を、社会人の女性に聞いてみました。

■お風呂でリラックス

・「入浴剤を入れたお風呂にじっくり入って、一日を整理する」(32歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「お風呂でゆっくり小説を読む。リラックスできるアロマオイルを嗅いでリラックス」(28歳/ソフトウェア/技術職)

心が疲れていると感じる日は、お気に入りの本やキャンドル、タブレットなどをお風呂に持ち込んでゆっくりとバスタイムを楽しむといいかも。普段は忙しくてシャワーしか浴びないという人も、なるべくお風呂につかる時間を確保したいところです。

■信頼できる人の力を借りる

・「母親に一杯話して前向きになる」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「彼と話す。そして、楽しいデートの予定を考える」(31歳/医療・福祉/その他)

家族や彼の存在は、会社で戦う女性の心を癒してくれます。愚痴はほどほどに、前向きになれる会話を心がけることが大切。どんなに嫌なことがあっても、楽しさを共有できる人がいることを忘れてはいけません。

■楽しいことに没頭する

・「好きな服のHPをみるなどして自分の手持ちの服でマネができるかシミュレーションをする」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「お笑い番組などを見てとにかく大笑いすること。友だちとおしゃべりして笑うこと。気持ちがすっきりする」(25歳/食品・飲料/専門職)

自分の好きなことにとことん没頭するのもひとつの手。好きなことに夢中になっていると、くよくよ考えるよりも楽しいことに目を向けている時間を大切にしたいと思えるはずです。時間は有限、どうせなら楽しく笑って過ごしたほうがお得です。

■気持ちをリセットする

・「とにかく眠る。眠ると気持ちがリセットされるし、落ち着く」(24歳/マスコミ・広告/技術職)

・「旅に出る」(25歳/医療・福祉/専門職)

これらのことを試しても落ち込みから脱出できない場合は、かなりダメージが大きいと思われます。まずはしっかり休息すること、そして時間とお金の事情が許すなら、自分自身を見つめる旅に出るのもいいでしょう。広い世界を見ることで、自分の悩みが小さく思えるかもしれません。

■まとめ

何かとストレスの多い現代社会。自分自身のメンタルケアは現代人が抱える大きな課題でもあります。心身ともに健康で過ごすには、何事も抱え込まずうまく発散していくことが大切です。心が落ち込んだときは自分を見つめるチャンスと捉え、新たな気持ちで明日を迎えましょう。

(ファナティック)

※画像はイメージです。

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2015年12月22日~12月31日
調査人数:209人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]