お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性の身体

おデブとぽっちゃりの境界線3つ「Lサイズが着られるかどうか」

ファナティック

ぽっちゃり女子は男子ウケがいいとか、愛嬌があってかわいらしいなんていう人もいますが、ぽっちゃりとおデブの境界線はかなり曖昧なものですよね。自分ではぽっちゃりだと思っていても、そうではなかったということもあるかもしれません。今回は、女性が思う「おデブ」と「ぽっちゃり」の境界線について聞いてみました。

<おデブとぽっちゃりの境界線>

■既製品が着られるかどうか

・「Lサイズが着られるかどうか」(32歳/小売店/その他)

・「デブはフツーの服が入らない。ぽっちゃりは、ちょっと大きめの服で入る」(34歳/その他/その他)

・「デブは洋服のサイズが特注、ぽっちゃりは既製品が着られる」(29歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

洋服を買いに行ったときに、簡単にサイズが見つかるかどうかがおデブとぽっちゃりの境界線だと考えている女性も少なくなさそうです。「大きいサイズ」とわけられているところでないと洋服が見つからなくなると、おデブと言われてしまうのかも。

■かわいげがあるかどうか

・「ある程度の体形まではその人の愛嬌次第だと思う。かわいければぽっちゃりだし、かわいくなければデブ」(25歳/学校・教育関連/その他)

・「その相手が気に食わないならデブ呼ばわりされる。デブもぽっちゃりもどちらも同じ」(32歳/その他/その他)

・「見た目ではなく、ポジティブかネガティブかのちがいだと思う」(33歳/機械・精密機器/事務系専門職)

見た目のサイズだけでなく、その人自身にかわいげや愛嬌があるかどうかがデブとぽっちゃりをわけるポイントになる、と考える女性もいるようです。その女性のことが気に入らなければ少し太っているだけでも「おデブ」だし、好印象な相手なら多少体が大きくても「ぽっちゃり」と思えるようですね。

■体形にメリハリがあるかどうか

・「デブはくびれがないほどの体形、ぽっちゃりは太りすぎではないけど標準より太っている体形」(24歳/情報・IT/事務系専門職)

・「デブは首や背中にも肉がついていて筋肉がない。メリハリがない。ぽっちゃりはメリハリがあって部分的に脂肪が多めについている」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「ぽっちゃりはキレイな体のラインが見えるが、デブはぜい肉がはみ出しているせいでそれが見えない」(23歳/マスコミ・広告/営業職)

おデブもぽっちゃりも肉づきがいいという点では同じだけれど、ぽっちゃりはメリハリがあってボディラインがわかる一方、おデブは全体に肉がついていてメリハリがないというわけ方をしている人もいました。全体的に肉がついていても引き締まった部分が少しでもあるかどうかが、境界線になるみたい。

<まとめ>

女性たちが考えているおデブとぽっちゃりの境界線が、いろいろと出てきました。体形的なものはもちろん、その人自身にかわいげや愛嬌が感じられるかどうかが、明暗をわけるよう。体形よりも中身が大事というのは、男女ともに同じということなのでしょうね。

(ファナティック)

※画像はイメージです。

※『マイナビウーマン』調べ。
 調査日時:2015年12月15日~12月18日
 調査人数:438人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]