お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

あぁ、またやっちゃった! 「私って恋愛下手だな」と思う瞬間10

今年こそは素敵な恋をして、結婚だってしたい! と心を新たにした女子もいるのでは。とはいえ、恋愛は自分の思うようにはなかなかいかないもの。気になる男性にアピールするべきところで変に引いてしまったり、尽くしすぎて相手に飽きられてしまったり……。「私って恋愛下手かも」なんて切なくなってしまうことも。今回は、働く女性たちに、恋愛下手だと感じた瞬間について調査してみました。

■好き避けしてしまう

「好き人に気のない素振りをしてしまうときがある」(39歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

好きだからこそ、自分の気持ちに素直になれないことってあるものです。自分に自信がなく、傷つきたくないという思いが強すぎると、どうしても気のない素振りをしてしまう気持ちはわかりますが、それだと相手には伝わりませんね。

■人を好きになれない

「人になかなか興味を持てない。人をなかなか好きになれない」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

若いころはもっとときめいていたのに、アラサーになるとなかなかときめかない……。特に恋愛から遠ざかっている期間が長くなればなる分、勝手がわからなくなってしまうんですよね。

■自分を卑下してしまう

「自分を卑下するようなことばかり言ってしまう」(30歳/その他/その他)

「私なんてどうせダメな女だから……」「私なんかを好きになってくれるはずがない……」などと思ってしまう癖がある人は要注意。ネガティブなオーラを放っている人のところに人は寄ってきません。幸せから遠ざかってしまいがちです。

■“ひとりが楽”と思ってしまう

「ひとりの時間のほうが楽だと思う」(37歳/学校・教育関連/その他)

自分の自由な時間が少なくなったり、相手に合わせる必要が出てきたりと、恋愛は面倒なことも多いもの。それを楽しめるか、面倒だから避けたいと思ってしまうかのちがいですね。

■積極性が出せない

「自分からデートに誘えない。デートをしていても、自分から手をつないだり、行動できない」(26歳/機械・精密機器/事務系専門職)

受け身タイプの男性もいる中、女性から誘わないと何もはじまらずに終わってしまうケースもあります。時には積極性を出したいもの。

■母性を出しすぎてしまう

「尽くしすぎたり世話を焼きすぎたりして、重いと言われたりお母さん化してしまう」(29歳/機械・精密機器/技術職)

尽くしすぎると、男性からウザがられてしまうケースも。程よい距離感で接するのってなかなか難しいものですね。

■相手が引くくらい言ってしまう

「はっきりと意見を言いすぎて、相手が引いてしまうことがある」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

男性の意見を常に否定してしまったり、打ち負かしてしまったりするタイプは相手から引かれてしまうことも。

■本音が言えない

「本音を言えず、抱え込んでしまう」(30歳/自動車関連/事務系専門職)

自分の思っていることが言えず、ぐるぐると思い悩んでしまうのはつらいですよね。ありのままの自分を見せられる相手を見つけたいものです。

■彼だけになってしまう

「その人ばかり気になって、ほかのことが手につかなくなる」(34歳/医療・福祉/専門職)

好きすぎて一日中、その人のことばかりを考えてしまう時期ってあるもの。ただ、そんな彼女だと彼のほうも窮屈になってしまいます。

■甘え下手

「相手に甘えられない」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

ブライドが邪魔をしてどうしても彼に甘えられないという人も。時には相手に頼ってみることも必要です。

女子たちの「私って恋愛下手だなと思う瞬間」、いかがでしたか? あるある! なんて思い当たった人もいるのでは。そんなあなたは、今年こそは恋愛下手の殻をやぶって素敵な恋をしたいものですね。「なかなか殻を破ることができないから、恋愛がうまくいかなくて悩んでいるのに……」なんて声が聞こえてきそうですが、まずは自分の気持ちに素直になって、自分を認めてあげるところからスタートしましょう。

(マイナビウーマン編集部)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2015年11月27日~11月28日
調査人数:126人(22歳~39歳の未婚女性)

お役立ち情報[PR]