お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 メンタル

人前に出ると緊張! 「メンタルが弱い」と感じた瞬間4選

ファナティック

誰でもできることなら毎日楽しく、笑顔で過ごしたいと思っているはずです。ですが人生は楽しいことばかりではありません。ときには気持ちが打ちひしがれてしまうようなつらいこともあります。自分のメンタルが弱いと感じた瞬間を、社会人の女性に聞いてみました。

■「自分は自分」でいられない

・「SNSで友人の楽しそうな写真を見てはうらやましく感じる」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「自分の知らないところで話が進んでいるとき。事後報告とかだと気分が落ちる。仲のいい友人が自分を抜かして旅行に行っていたときはだいぶ落ち込んだ」(30歳/建設・土木/その他)

メンタルが強い人は、自分軸をしっかりと持っているもの。一方で、SNSなどから入ってくる周囲の情報に、振り回されて落ち込んだりする人たちは、メンタルが弱いと感じているよう。見て落ち込むくらいならSNSなんてやめてしまえばいいと思っても、つながっていないことに不安を感じてしまう弱さに負けてしまうこともあるんですよね。

■気持ちが切り替えられない

・「仕事でミスしたときに、感情をしばらく引きずってしまう」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「テレビの予約録画に失敗したとき、意外とへこんで長引くことがある」(32歳/食品・飲料/技術職)

一日の中で嫌なことは多々あります。その都度、気持ちをさっと切り替えられず、次の「嫌なこと」が起きるまで落ち込んだ気持ちを引きずってしまうと、その日一日をずっと嫌な気分で過ごすことになってしまいます。有意義な時間を過ごすには、素早い切り替えが大切です。

■すぐに泣く

・「仕事でトラブル対処していると、途中で泣きそうになる瞬間があること」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「すぐに泣いてしまう。会社でも泣きやすくて、そうならないように気を付けて過ごしている」(25歳/情報・IT/技術職)

泣く気はないのに、気が付けば涙が頬を伝っているという人も多いのでは? 中には大声を出されたり、荒い言葉遣いで話されるだけでも泣いてしまうという人もいます。ほぼ反射的な症状でもあるので、対処法がないのが難しいところです。

■プレッシャーに弱い

・「大事なプレゼンテーションや発表でちょっと手が震えてしまうときがある」(34歳/学校・教育関連/専門職)

・「すぐおなかが痛くなる(寒さのせいなのか)。人前に出る仕事のときは緊張してしまう」(24歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

スポーツ選手などが大きな大会で成果を上げるには、プレッシャーに負けないメンタルの強さが必須になります。「ここぞ」というときに実力が発揮できるメンタルの強さはうらやましい限りですね。

■まとめ

どんなにメンタルが強い人でも、自分の身の回りに起きることをひとつひとつ真正面から受け止めていてはやがて心が疲れてしまいます。ときにはうまくかわしたり、聞き流すことも必要です。メンタルが弱いことを悲観せず、自分なりの方法を見つけてたくましく生活していきましょう。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ。
調査日時:2015年12月22日~12月31日
調査人数:209人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]