お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性の身体

さあ、どうする!? デート中、突然生理になったときの女子の対応4選「トイレットペーパーで代用」

ファナティック

彼との楽しいデート中に、突然生理になってしまったら……。考えただけでも焦ってしまう瞬間ですよね。お泊りデートなら、なおさら最悪な事態になってしまうかもしれません。そこで今回は、働く女子たちに「突然生理がきてしまったとき、どのように対応するのか」を聞いてみました。

■トイレットペーパーで対応

・「とりあえずトイレットペーパーをあててしのぐ」(30歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「トイレットペーパーでとりあえず対応」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「トイレットペーパーで代用」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

とりあえずトイレに行って、トイレットペーパーで対応するという人は多いようですね。緊急対策として仕方ないかもしれませんが、長時間対応できないので、早めにナプキンを手に入れたいところです。

■予備の生理用品を使う

・「もしものときのためにナプキンは持ち歩いているので、とりあえずトイレで下着にナプキンをあてる。下着は買い換えずにそのまま履く」(32歳/その他/事務系専門職)

・「必ず鞄に非常用のナプキンを入れているのでそれでしのぎつつ、その日は早めに切り上げる」(26歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

・「いつももしものときのために持ち歩いているナプキンを使う」(25歳/自動車関連/技術職)

予備用のナプキンを持ち歩いている人も多く、いざというときはそのナプキンで対応しているようです。もしものときに備えて、生理用品の予備を常備しておくことは、女子のたしなみのひとつですよね。

■彼に事情を説明してドラッグストアに急ぐ!

・「すぐにドラッグストアに行きナプキンを買い、トイレに駆け込む。事情は彼氏だったら話し、恋人未満だったら適当に説明する」(28歳/金融・証券/事務系専門職)

・「ドラッグストアに寄らせてもらってナプキンなどの生理用品を購入する。痛みがひどい場合はバファリンなどの鎮痛剤や体を温めるものも一緒に買う」(27歳/電機/事務系専門職)

・「実際にはないですが、もしなったら正直に彼氏に言って、まずドラッグストアを探してナプキン買います」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

彼氏に正直に話して、生理用品を購入しにドラッグストアへ行くという回答も。付き合っている期間によっては、なかなか話しにくい場合もありますが、そのときの彼の対応でなんとなく相手の人柄を知ることもできそうですよね。

■早めに帰る!

・「早く帰りたいのでそれとなく伝える」(28歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「早めに帰って出直す。そのほうが彼に心配をかけないで済むのです」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「ごめんなさい。具合が悪いので帰ります。ごめんなさい」(25歳/建設・土木/事務系専門職)

具合が悪くなったと言って、デートを早めに切り上げるという女子もいるようです。生理痛がある人の場合、デートを楽しむどころではなくなってしまうこともあるので、賢明な判断かもしれません。体調が悪いのに無理してデートを続けても、彼に心配をかけてしまいますもんね。

<まとめ>

「そろそろ生理かな?」と予測できるのならば、デート前には生理用品を事前に用意して出かけたいもの。どんな緊急事態にも対応できるよう、日ごろから「突然生理になってしまったときの対処法」について考えておくといいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2015年12月28日~1月4日
調査人数:136人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]