お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

第33話 ショック

「ええ、話したわよ」
小百合先輩は、微笑みながらそう答えた。
「えっ!」
「『森尾はおれのことどう思ってるんだろう?』
って聞くから、あなたから聞いたことを、
安斎課長に正直にお話ししたの」

とてもショックだった。
わたしの課長への愚痴を、
小百合先輩が課長に直接話したことも、
先輩がそれを問われて平然としていることも、
何もかもがショックすぎた。

「課長、あなたに自分の考えてることが、
ぜんぜん通じないって悩んでいたし。
それに……」

「それって、ひどくないですか!」
わたしは勇気を出して小百合先輩に抗議した。

「あなた、自分の気持ちや考え方に、
相手が共感して当たり前だと思ってるでしょ。
社会人として、甘すぎで甘えすぎなのよ」

そう言ってうすく微笑んだ小百合先輩は、
一瞬だけまたこの間と同じ、怖い顔になった。

お役立ち情報[PR]