お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

オンナって怖い! 彼の前でウソ泣きした理由3選

ファナティック

うそ泣き男は女の涙に弱いと昔から言いますよね。実際に、男性は女性に泣かれてしまうと、多くの人が「う……」と狼狽えてしまいます。その男性の条件反射とも言うべき性質を逆手にとり、「ウソ泣き」をしたことがある人も少なくないのではないでしょうか……? そこで今回は大人女性のみなさんに、男性の前でウソ泣きをした経験について聞いてみました。

■ケンカしたときに……

・「泣いたほうが説教が早く済むから」(32歳/その他/事務系専門職)

・「暴言を吐かれたときに、ひどいことをしているということを分からせるために、ウソ泣きした。焦ってた」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「自分が悪かったが、謝りたくなかったから泣いた」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「ケンカ中、面倒くさくなって、ウソ泣きしたら、謝ってくれた」(29歳/自動車関連/技術職)

イヤ~なケンカを早く終わらせるには、ちょっと涙を流すのが一番手っ取り早いかもしれません。しかし、「泣けばいいと思ってるの?」と冷静な切り返しをしてくる男性もいるので要注意……。逆に、ケンカが長引くかもしれません。

■ピュアな女の子のふり

・「映画の感動的なシーンで、非情と思われないようにウソ泣きをした」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「デートのときに演出でウソ泣きをしました。彼氏はいまだに私が感動して泣いたと勘違いしているようです」(25歳/食品・飲料/技術職)

・「彼がサプライズをしてくれて、とりあえず感動して泣いたふりをした」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

「感動で泣く」という仕草、男性は結構弱そうですよね。ちょっと涙を流しただけで「この子ってピュアなんだなぁ」と勝手に思ってくれるかも。清純な女性がタイプな彼には打って付けですね。

■かまって!!

・「少し鼻をぶつけた程度ですが、ウソ泣きをして、彼が飛んできてくれました」(31歳/その他/その他)

・「かまって欲しいから」(25歳/小売店/経営・コンサルタント系)

・「お願いを通したくて泣いたふりをする。やばいかな?って顔でじっとこちらを見てくる」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「慰めてもらいたいとき。男友達の前でウソ泣きしました。慰めてもらえました」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

大好きな彼女が涙を浮かべているのに、放って置ける男性なんてなかなかいません。彼に甘えたいとき、ベタベタにかまってもらいたいときは、一滴の涙が効果てきめんです。逆に、これをスルーしてしまう男性とは、ちょっと今後のことを考えちゃいますね。

男性は女性の涙に弱いもの、そして、涙は女性の武器です。しかし、信頼して欲しい、誠実に接して欲しい相手に、ウソの涙ばかりを見せるのはあまり二人の関係において、良いことではないかもしれません。誠実に接して欲しい相手には、自分も誠実であるべき。ウソ泣きも恋の駆け引きのアイテムの一つではありますが、使うのはほどほどにしましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数244件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]