お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

生理のとき、椅子から立ち上がるのにドキドキしたことがある?⇒「ある:●%」!

ファナティック

生理がはじまって2~3日目までは、経血量の多さに悩まされる女性も多いものです。長時間、座っていると、モレが気になるという女性も多いことでしょう。そこで今回は女性のみなさんに、生理のとき、椅子から立ち上がるのがドキドキしたことがあるか、話を聞いてみました。

Q.生理のとき、椅子から立ち上がるのにドキドキしたことがありますか?

「ある」……50.8%
「ない」……49.2%

生理中に椅子から立ち上がるのに、ドキドキした経験を持っている女性は半数以上。同じ体勢で座っていると、不安になってくるものですよね。では早速、それぞれの経験談を見ていきましょう。

<「ある」と回答した女性の意見>

■ドバッと出そう

・「立ち上がる瞬間に血がドバッと出るのがわかるから」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「ドバッと出ることがあるから」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「立った瞬間にドバッと出るから、ゆっくり立つようにしてる」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

生理中はまさにこの「ドバッと」を経験をした女性は、とても多いようです。立ちあがった瞬間に、経血が「ドバッと」出てしまうこともあるため、静かに立ち上がるなど、工夫しましょう。

■モレていないか心配

・「モレていないかいつも気になります」(23歳/ソフトウェア/クリエイティブ職)

・「座っているときに、大量に出たなと感じたあとなどは、モレていないかドキドキする」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「会議のときなど、長時間座ったあと、モレているかもしれないので、立つのをためらってしまう」(25歳/不動産/事務系専門職)

生理中に椅子に座っていると、いつもモレているのではないかと、ドキドキしてしまう方も少なくありません。特に同じ体勢で長時間座る必要がある場合、かなり気になってしまいますよね。

<「ない」と回答した女性の意見>

■量が多くない

・「量はそんなに多くないから」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「そこまで出血が多いほうではないから」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「そんなに量が多くないから」(32歳/学校・教育関連/技術職)

生理中の出血がそれほど多くない場合、椅子からいきなり立ち上がることも気にならないようです。経血量は個人差があるものですが、うらやましい限りですね。

■しっかりガードしている

・「しっかりガードするものを選んでいるから」(28歳/生保・損保/事務系専門職)

・「いつも容量が大きめのナプキンを使っているので安心」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「モレないようにしているので不安はありません」(23歳/通信/秘書・アシスタント職)

最近では夜用の生理用ナプキンなど、とても吸収力やガード力に優れたものが販売されています。経血量が多い方は、昼でも夜用を使うなどして、工夫されている方が多いようですね。

<まとめ>

生理中にモレてしまうと、衣類に血がついてしまい、恥ずかしい思いをすることもありますよね。なるべくモレが起きないように、夜用のナプキンを利用してみたり、重ねづけをしてみるなど、工夫をしてみるようにしましょう。

(ファナティック)

※画像はイメージです。

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数189件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]