お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

働く女性の告白! 「実は●●で会社をズル休みしました」3選

ファナティック

体調が悪いわけではないけれど、どうしても今日は会社を休みたい。そんな理由を正直に伝えるわけにはいかず、いろいろと理由をつけてズル休み。どんなに真面目な人でも長い社会人生活の中で1度や2度はこんなことがあってもおかしくないですよね。今回は、働く女性たちに「内緒だけど、実は●●で会社をズル休みしました!」を聞いてみました!

■好きなアーティストのライブTV番組

・「アーティストのライブがあったけど、風邪で休んだことにした」(31歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「アイドルのTVをリアルタイムで見たくて」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

会社に行っていたんじゃライブに間に合わない。どうしてもリアルタイムで見たいテレビがあった。好きなアーティストのためなら会社をズル休みしてでも……という女性たち。「好き」という気持ちが強すぎて、ついズル休みしてしまったようです。

■二日酔いや寝坊

・「二日酔い。平日なのに飲みすぎて起きられなかった」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「寝坊したけど、生理痛とウソをついてズル休みしました」(28歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「前日に飲み過ぎて二日酔いだったとき。風邪だとウソをついて休んだ」(24歳/食品・飲料/専門職)

平日なのに前日に飲み過ぎてしまって二日酔い。朝は起きられないし、頭は痛いしということでズル休みした女性もいるようです。体調が悪いと言えば悪いことに間違いありませんが、理由が二日酔いだと正直に言うこともできず「風邪をひきました」など言い訳を考えないわけにいかないですよね。

■気分が乗らなくて

・「嫌いな産休中の同僚が子どもを連れて会社に来るから」(33歳/情報・IT/技術職)

・「会社に行く気分じゃない日はよく仮病を使う」(29歳/金融・証券/営業職)

・「彼氏にフラれたショックで会社をズル休みした」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

行きたいところがあるわけでもないし、寝坊したわけでもないけど、とにかく会社に行きたくない。そんな気分になったときにズル休みするという女性もいるようです。彼氏にフラれてショックから立ち直れないときには、仕事なんてしていられないと思ってしまう人は多いかもしれませんね。

■まとめ

正直に理由を言えなくてズル休みしてしまったという女性って少なくないようですが、みなさんも今までに経験がありますか? 気分が乗らない、二日酔いでボーっとしている。そんなときに無理やり会社に行っても効率が悪いので、仕事に支障がないというときならたまにはお休みするのもアリかも。ただし、休み明けにはまわりの人に迷惑をかけたことを謝罪するという気遣いは必要です。間違ってもズル休みで行ったライブの写真をSNSにアップするような真似だけはしないようにしてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです。

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数164件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]