お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

あ〜もうイライラするっ! 生理で気分が落ち込んだときの対処法3つ

ファナティック

生理のときは体調も悪く、気分も落ち込みがちになります。何をやってもうまくいかず、イライラしてまわりに当たってしまうこともあるでしょう。そんなときにオススメの対処法を、働く女性に聞いてみました。

<生理で気分が落ち込んだときの対処法>

■気分転換する

・「ヨガ。軽く体を動かすと気分がスッキリするから」(24歳/小売店・販売職・サービス系)

・「アロママッサージ。脚がむくみやすい時期だからスッキリする」(31歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「あたたかい紅茶を飲むとリラックスできる。おなかもあたたまり、生理痛も和らぎます」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

生理中は上手に気分転換することが大切です。ずっと根詰めてデスクに向かっていてもイライラが治まることはありません。休むときはしっかり休み、体調を見ながら軽く体を動かすことも心がけましょう。

■おいしいものを食べる

・「甘いものを食べると気分があがります」(28歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「とりあえず食べたいものを食べて心とおなかを満たす」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

・「好きなものを好きなだけ食べる。ストレス解消になるから」(28歳/ソフトウェア/技術職)

生理期間中はダイエットには不向きな時期。普段がまんしていたものを食べるのも、ひとつの手かもしれませんね。生理中は甘いものを解禁して、食事に関するストレスだけでも取り払ってしまうと、ずいぶんと気持ちが楽になります。

■とにかく寝る

・「たくさん寝て気持ちをリフレッシュさせる。スッキリするから」(32歳/不動産/専門職)

・「とにかくゆっくりと休む。あまり動くとつらいから」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「ゆっくりお風呂に入って、早く寝る。それで大体翌日はすっきりする」(27歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

生理中は強い眠気に襲われることもしばしば。翌日には生理も軽くなることを願って、早めにベッドに入りましょう。

<まとめ>

生理期間中のイライラは、自分で制御することが難しく、ひどい場合は周囲に迷惑をかけてしまうこともあります。そんな事態を防ぐためにも、自分を甘やかす時期だと思って、ゆったりとした気分でストレスをためない生活を心がけましょう。

(ファナティック)

※画像はイメージです。

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数168件(22~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]