お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

「正月太り」を予防するためにやっていること3選

ファナティック

お正月になると毎年のように暴飲暴食をしてしまい、体重が増加してしまう女性も多いのではないでしょうか。できれば正月太りは避けたいものですよね。そこで今回は働く女性のみなさんに、正月太りを予防するためにやっていることについて、お話を聞いてみました。

■お餅を食べすぎない

・「お餅を食べすぎないようにする」(24歳/小売店/販売職・サービス系)

・「お餅の数を減らす」(29歳/食品・飲料/技術職)

・「餅を小さく切って、食べすぎを防止する」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

お餅を食べすぎると太ってしまうので、気をつけている人はとても多いのではないでしょうか。なるべく食べすぎてしまわないよう、食べる数を減らしたり、お餅を小さくするなど工夫をされている方も多いようです。

■運動

・「ストレッチ」(26歳/運輸・倉庫/営業職)

・「フィットネスジムなど」(24歳/その他/事務系専門職)

・「普段の代謝を上げる。筋肉をつける」(31歳/金融・証券/専門職)

・「なるべく散歩や買い物とか外に出る」(23歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

正月太りを予防するために、運動している方も多いようですね。フィットネスジムといった回答もありますが、正月休みの場合もあるので要確認ですね。できればウォーキングなどを組み込むと、よいかもしれません。

■体重を量る

・「体重を量る」(26歳/自動車関連/秘書・アシスタント職)

・「炭水化物を減らすこと。頻繁に体重を量って、太らないように意識すること」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「毎日体重計に乗る。久しぶりに体重を量ったら3キロ増えた……というような衝撃を受けることがない」(29歳/学校・教育関連/専門職)

体重計に毎日乗ることで、意識して太らないようにしている人もいるようです。毎日測っていると、体重が増えていたとしても、増加分の体重を落とすのはたやすいかもしれません。

■まとめ

お正月はどうしてものんびりしたくて、ついゴロゴロして太ってしまいがちです。お正月であってもしっかりと運動をしたり、体重をチェックしたり、食事の量に気をつけていれば、正月太りは予防できるかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数184件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]