お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

え、嘘! どうして! 周囲にバレてしまった生理の失敗談

ファナティック

生理のときは、ただでさえ気分もユウウツになりがちですが、それに加えて経血の漏れを心配したり、ナプキンを持ち歩いたりと面倒なこともたくさんありますよね。そんなとき、周りの人から「洋服に血が」なんて指摘されたらさらにブルーな気分になりそう。今回は、生理中に周りの人から指摘されてしまった失敗談について聞いてみました。

■男性から指摘された

・「携帯していた生理用ナプキンを落としたのを職場の男性に指摘された際」(24歳/その他/事務系専門職)

・「彼の家のベットシーツに血をつけてしまい恥ずかしかった」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

女性に生理があることは男性だって周知の事実。でも、それがあからさまにバレてしまうのって何となく恥ずかしい気がしますよね。持ち歩いていたナプキンを落としてしまって男性に見られた、彼の家のベッドを汚してしまったなど男性にだけはバレたくなかったという経験をしたことがある女性もいるみたいですよ。

■ニオイでバレた

・「子どもの頃スパッツを履いていて、ナプキンがまる分かりだったらしい」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「隣にいた同僚から血のニオイがすると言われたとき」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

気をつけていてもどうしようもないのが、生理中の血のニオイ。ナプキンをこまめに変えることである程度は防げますが、それでも近くにいる人にニオイが漏れていないかヒヤヒヤしているという人は少なくないのでは? 同僚から「血のニオイがする」なんて言われたら、気になってしまって仕事どころじゃなくなりそうですよね。

■「お尻に血が……」と耳元で

・「耳元でこっそり『お尻に血がついてますよ』と言われた」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「洋服が汚れていることを家族に指摘された」(32歳/情報・IT/事務系専門職)

・「スカートについてるよと言われる」(32歳/その他/事務系専門職)

生理のときは色の薄い洋服を着ないという人もいますが、うっかり色の薄い洋服を着てしまったときに限って経血が漏れてしまったりするんですよね。それを見つけてしまった相手も気を使って耳元でこっそり囁いてくれたのでしょうが、指摘された恥ずかしさできちんとお礼を言うのも忘れてしまうかも。

■まとめ

生理中のニオイや漏れで恥ずかしい思いをしたという女性たち。生理だということが人に知られただけでもいたたまれない気持ちになりそうですが、さらに「血がついてる」とか「ニオイがする」なんて言われたら、恥ずかしくてたまらないですよね。生理中は色の濃い洋服を着る、こまめにナプキンを交換するようにすれば漏れやニオイを防ぐことができて安心。ツラい生理中に恥ずかしい思いまでしなくてすむように、気をつけたいものですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数150件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]