お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

美人がいいワケじゃない! 同性があこがれるアラサー世代のいい女の条件4つ!

ファナティック

10代や20代のころに比べて、少しずつ人生経験を積むことで大人の女性としての魅力が芽生え始めるアラサー世代。仕事やプライベートで大きな転換期を迎えることも少なくありませんよね。「もう、若くないから」なんていう人もいますが、アラサーにはアラサーなりの良さがあるはず。そこで、今回は「アラサー世代のいい女」の条件について、同性の意見を聞いてみました。

■大人の女性を感じさせる

・「大人の女性であること。アラサーだから年相応の大人であってほしい」(24歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)
・「大人を感じさせる魅力。若い女子にはない魅力があるから」(23歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)
・「人間の器が大きくて、人のいいところを探す」(32歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

アラサー世代には、年齢相応の落ち着きを感じさせてほしいと考えている人も多いようですね。人生経験を積んだ分、人としての器が大きくなっていて周囲の人のいいところを積極的に探すことができる。こういう女性が職場にいたら、自分自身のお手本にしてみたいと思う人も多いのではないでしょうか。

■人への気配りができる

・「ていねいに対応をできる人。まわりへの気配りが素敵な人はていねな対応ができるから」(28歳/医療・福祉/専門職)
・「相手の痛みをわかってくれる人。年齢の分経験も多いはずだから」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「気配りができる。自分だけでなく、まわり全体のことを考えて行動ができる。見た目よりも内面で勝負する段階に入っていると思う」(24歳/食品・飲料/専門職)

相手がどう思うかを考えたていねいな対応ができる、人に優しくできることがアラサー世代のいい女の条件だという女性も。精神的にも余裕があると思われているアラサー世代は、周囲の人との調和を考えるという気配りが必要なのでしょうか。外見ではなく、内面の良さで勝負する段階に入っているという意見もあるみたいですね。

■自立していて男に媚びない色気がある

・「色っぽさがある。男に媚びない。自分を楽しんでるほうが余裕がある」(28歳/電機/営業職)
・「自立してる。精神的にも経済的にも。ひとりであることを恐れていない姿にあこがれる」(30歳/金融・証券/営業職)
・「自分の足で人生を歩んでいる、他人に媚びず自分という人格がある程度確立されている。男性や配偶者におんぶに抱っこじゃなく、イチ社会人として認められる」(31歳/医薬品・化粧品/営業職)

アラサー世代ともなると、自分の中でもいろいろなものが確立されて自立できていないといい女とは言えないと思っている女性も少なくなさそうです。彼氏や夫に頼りきりではなく、いざとなったらひとりでも生きていける強さを持っていることが大事なんですね。男性に媚びるわけではないけれど、色っぽいというところもアラサーならではの魅力のようです。

■言葉使いや所作が美しい

・「所作が美しい。服装にかっこいいもしくはキレイな要素がある。容姿と行動で判断される」(27歳/情報・IT/技術職)
・「上品な仕草の女性。上品な仕草の女性は品のいい色気を感じる」(31歳/医療・福祉/専門職)
・「姿勢が良くて美しい日本語が話せる。言葉が美しい人を見て品を感じた」(32歳/金融・証券/営業職)

言葉使いのキレイな女性ってそれだけで上品に見えるものですが、アラサー世代ならそれができていないとダメだと思っている女性もいるようです。立ち居振る舞いの美しさや美しい言葉使いは、すぐに身につくものではないだけにアラサーと呼ばれるまでに、しっかりと意識して自分のものにしておきたいですね。

■まとめ

アラサーと呼ばれることに抵抗を感じてしまうという人もいるかもしれませんが、誰だって年齢を重ねていくのは仕方のないこと。無理に若さを強調するのって余計に不自然な気がしませんか? それよりも、アラサー世代にしか出せない魅力を身につけていくほうが、自分自身もラクですよね。10代、20代のころの経験を自分の中に積み上げていって、30代ならではの輝きになる。そう考えながら年齢を重ねていくのって素敵なことですよね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数294件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]