お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 片思い

これは無理! 好きだったけど、一切アプローチできなかった片思い4つ

神之れい

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

好きな人ができたら、積極的に行動する人も少なくないのではないでしょうか。しかしながら、理由があって一切アプローチができなかったというケースもあるかもしれません。働く女子に、好きだったけど一切アプローチできなかったワケを聞きました。

理想の女性が高すぎる

「私が好きになった男性は、女性に対する理想がとにかく高かった。見た目はスレンダーで美人、仕事もデキる、明るくてやさしい性格……など。私では無理だと思ってあきらめた」(31歳/サービス)

相手の理想が高すぎる場合、アプローチする前に身を引いてしまう気持ちはわかります……。

好きな男性が友だちと同じだった

「好きな人ができたけど、友だちが前から片思いをしていた相手なので……。友情を取ってあきらめることにした」(29歳/アパレル)

友だちと同じ人を好きになってしまうと、友情にヒビが入ることを恐れてしまいます。友情と恋愛の両立は難しいものですね……。

先輩がライバル

「友だちがライバルならまだしも、社内でも厳しいと言われている先輩と同じ人を好きになってしまった。私の気持ちがバレたら仕事もやりにくくなるので、ここは身を引いた」(27歳/金融)

たとえ彼と両想いだったとしても、先輩が好きな相手となると気を使ってしまいそうです。

相手のステータスが立派すぎた

「好きになった相手は、高学歴でお金持ちの男性。あまりにもステータスがちがいすぎるので、アプローチなんて考えられなかった」(31歳/建設)

うまくいけば、玉の輿になれるチャンス? しかしながら、あまりにも完璧な男性だとアプローチすること自体もためらってしまいますね。

好きになったのにアプローチができないのは切ないものです。何か特別な理由がない限り、最初からあきらめるよりは積極的にいったほうが悔いは残らないかもしれません。あなたは、好きだったけど一切アプローチできなかったという経験はありますか?

※画像はイメージです

(神之れい+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]