お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 スキンケア

美肌は食べ物から! 美しい肌を保つために「食べないほうがいいもの」4選

ファナティック

疲れているときやお酒を飲んでいるときなど、ついつい甘いものやスナック菓子などに手が伸びてしまいますよね。でも、実はその行動が、あなたを「美肌」から遠ざけているのかもしれません。今回は「美肌のために食べないほうがいいもの」について、女性のみなさんに聞いてみました。

<美肌を保つために、食べないほうがいいもの>

■甘いもの

・「甘いもの。吹き出物ができやすくなる」(33歳/その他/販売職・サービス系)

・「砂糖たっぷりのお菓子。食べるともっと食べたくなるから。肌が乾燥しやすくなる」(24歳/小売店/販売職・サービス系)

・「砂糖の摂りすぎ。甘いものが食べたくなったらハチミツや黒糖などに置き換える」(31歳/学校・教育関連/事務系専門職)

チョコレートなどの甘いものを食べると、吹き出物ができやすくなると言われていますよね。美肌のためには、やっぱり避けたほうがよさそうです。「ハチミツや黒糖」に置き換えるのは、ぜひまねしたいテクニックですね。

■揚げ物

・「揚げ物。皮脂分泌が活発になってオイルバランスが崩れやすい」(28歳/生保・損保/事務系専門職)

・「揚げ物。肌が脂っこくなる気がする」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「揚げ物。トランス脂肪酸がたくさんあるから。体が酸化するから」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

から揚げなどの揚げ物には油分がたっぷり含まれているので、食べすぎると肌が脂っこくなることも。トランス脂肪酸は悪玉コレステロールの元になるとも言われているので、食べすぎは肌だけではなく体にも影響がありそう。

■スナック菓子

・「スナック菓子。食べすぎると吹き出物が出る」(25歳/学校・教育関連/その他)

・「脂っこいスナック菓子。ニキビができそう」(31歳/学校・教育関連/クリエイティブ職)

・「スナック菓子。油分で毛穴が詰まるから」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

ポテトチップスなどのスナック菓子も、油分が多く含まれています。吹き出物の元になるのはもちろんですが、肌が酸化したり毛穴の詰まりの原因になることもあるようです。でもたまに無性に食べたくなるんですよね……。

■ジャンクフード

・「加工食品やインスタント食品など、添加物が多いもの。肌荒れやビタミン不足になりそうだから」(32歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「ハンバーガーなどのジャンキーなもの。脂っぽいし栄養がなさそう」(33歳/自動車関連/事務系専門職)

・「ジャンクフード。添加物とかが、肌にも悪そうだから」(30歳/情報・IT/営業職)

インスタント食品やハンバーガーなどのジャンクフードは、脂っこいだけではなく添加物も心配ですよね。栄養やビタミンも不足しがちなので、美肌を目指すならまずはランチを「手作りのお弁当」に変えてみるのもよさそうです。

<まとめ>

「美肌のために食べないほうがいいもの」について、甘いものや揚げ物、スナック菓子にジャンクフードがあげられました。どれも身近にある食品だけに、気づかないうちに食べすぎてしまうことがありますよね。スキンケアをがんばることも大切ですが、まずは食生活から見直してみませんか?

(ファナティック)

※画像はイメージです。

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数 199件(22~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]