お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

うわ……男がドン引きする「彼女の過去」8

ファナティック

大好きな彼氏ができたとき「あれをする前に出会いたかった……」とか「もっと早く出会っていれば……」なんて後悔すること、ありませんか? 男性は女性の過去を知ったとき、どんな内容だとドン引きしやすいのでしょうか。社会人男性に聞いてみました。

異性関係が派手な過去

・「異性関係が派手だったとき、特に社内で何人も関係をもたれていたら。あぁ、次はあいつねとまわりからも見られるから」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「男を欠いたことがないという噂」(35歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

つきあっている相手が、過去に派手な異性関係をもっていたとき。これは男女問わずにやっぱり心配ですよね。特にその異性との濃い関係が自分の周囲で展開されていた場合、自分が「新しいターゲット」としてウワサの的になっていそうで怖い……。

全部つくりものだった

・「今までいいと思ってた部分が全部作り物だったと知ってしまったとき」(37歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「整形した過去。ブスだろうが何だろうが、ありのままを出しているほうが魅力的」(28歳/情報・IT/技術職)

外見はもちろん、好きになった相手の性格や内面が「すべて作り物だった」と知ったときの衝撃は確かにあります。モテるために外見・内面を盛るのは仕方ないとして、やりすぎだけには注意したほうがよさそう?

本能的に違和感を持ってしまう、女性の過去

・「すごく好きな人に振られて、それでも好きで忘れられない」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「学校でいじめをしていたという。合いそうにないと本能的に思う」(30歳/金融・証券/販売職・サービス系)

人づてに聞くならまだしもですが、彼女があっけらかんとこんな過去を披露してきた場合、すごい違和感に襲われそうですよね。なぜそれほど好きな人がいるのに自分とつきあったのか、なぜいじめっ子だと開き直っているのか。これは同じ女性でも、いろいろと謎です。

やんちゃな過去

・「ギャル歴があったりすると、なぜか心配になる」(23歳/機械・精密機器/営業職)

・「ヤンキーだったという過去。友人関係がひどそうだから」(35歳/建設・土木/技術職)

もう過ぎたこととはいえ、若気の至りとはいえ彼女にやんちゃな過去があると、彼氏としてはどうしても心配になるよう。この過去は男女問わずにありそうですが、「そういうこともあった」ではなかなか消化しきれない人が多いようです。

まとめ

過去は過去、今は今……とはいえ、気になると引きずりやすいのが交際相手の歴史。彼氏には隠し事なしが鉄則ですが、交際初期の不安定な時期には「ぼかしておいた方がいい」過去もありそうです。こんな過去がある女性は、暴露する時期にご注意を!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2015年8月にWebアンケート。有効回答数109件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE