お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

戦慄! みんなの略奪愛エピソード10「新入社員がおじさんと不倫略奪婚」「今の旦那は略奪した人」

ファナティック

オフィスラブ誰かのものだった人を奪う、いわゆる「略奪愛」。映画や小説のなどのフィクションの中ではよくあるドラマティックな恋の展開ですが、実際にこの略奪愛を経験したことがある人っているのでしょうか? そこで今回は大人の女性たちに、略奪愛にまつわるエピソードについて聞いてみました。

好きな人には彼女がいたけど……

・「学生時代、彼女がいた人と最終的に付き合ったことがあります」(27歳/その他/その他)

・「今の旦那と付き合ったときに、旦那には彼女がいた」(30歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「略奪したけど、結局自分も略奪されていた。因果応報ってあるんだなーと思った」(32歳/その他/その他)

好きになってしまったら、彼氏がいてもいなくても関係ない! と略奪愛に踏み切った人もいるようです。ある意味、情熱的と言えるかもしれません。

略奪されちゃった

・「自分を略奪してもらった」(33歳/情報・IT/技術職)

・「ほかに付き合っている人がいたが、新しい人と付き合ってしまった」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「今の彼は私を略奪した。うまく持っていかれたが、円満で無事3年が経とうとしてる」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

略奪したのではなく、逆に略奪されてしまった人も。自分を取り合って二人の男が……という展開、まるでドラマのようですね。

私は経験してないけど……

・「新入社員がおじさんと不倫・略奪婚したと聞いたときは、本当に引いた」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「上司が略奪愛を経験し、結婚した」(32歳/学校・教育関連/技術職)

・「社内婚している男性を略奪した人がいる。社内婚の人は別部署に奥様がいる。だが不倫関係を何年も続けており、最終的に略奪した。結婚が決まったときは、けっこう修羅場だったらしい」(30歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「元同僚の人が、奥さんがいる男性を略奪愛して結婚した」(33歳/その他/クリエイティブ職)

女性たちの身のまわりでは、このような略奪激が繰り広げられているようです。職場恋愛の末の略奪愛って、泥沼の予感しかしませんね……。

人のものを取るのは悪いことだと知りながら、どうしようもできないのが恋というもの。相手だって、自分だって、今付き合っている人が運命の人とは限りませんからね。略奪したあと、されたあと、幸せに過ごせるのであれば、こういう恋の始まり方もありなのかもしれません。ただ、奪われた側の人のことを考えると、複雑ですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数209件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]