お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 人間関係

ドン引き! 食事がまずくなる会話選び6選「食事の批判」「元カノの話」「愚痴」

食事のときは楽しく過ごして、料理もおいしくいただきたいもの。しかし、会話の内容によっては、一気に気持ちが暗くなることも……。「どうしていま、それを言うの!?」と突っ込みたくなる、話題選びのセンスがない人もいますよね。そこで今回は、食事がまずくなる会話について、働く女性に聞きました。

「今」食べているので……

・「『おいしくないね』と口にする人」(32歳/電機/事務系専門職)

いま食べているものを批判する人は意外といるかもしれません。そう言われてしまうと、箸の進みも鈍くなるような……。仮においしくなかった料理でも、せめてお店を出るまでは、そのセリフは禁句にしておきましょう。

別に尋ねていません

・「昔の女の話。食事中じゃなくても嫌だけど」(32歳/自動車関連/事務系専門職)

こちらから過去の恋について聞いたときは別ですが、男性から昔の恋バナをされるのは少々ガッカリですね。ほかの女性の話は興味がないので、封印しておいてもらえると有難い! いまは目の前にいる“私”に集中してほしいですよね。

愚痴はまた別のときに

・「仕事の愚痴など。慰めるのも面倒だし、せっかくの料理が楽しめなくなる」(24歳/食品・飲料/専門職)

男性でも、女性でも、人の愚痴ってあまり聞きたくはないかも……。もしも、続きそうなときは、「今日はたくさん食べて、嫌なことは忘れよう」と切り返してしまいましょう。

明るい話題がいいな

・「自殺したひとの話をする。(本当にあったが……)自分の住んでいるアパートの人が飛び降りたらしく、絶対言いたかったみたいで、聞かされてげんなりだった」(33歳/団体・公益法人・官公庁・事務系専門職)

明るく笑い合いながら食事ができたら、料理もよりおいしく感じられる気がします。仕事の疲れもふき飛ぶような、楽しい会話をしたいですね。ちょっと暗めの話題はまた今度にしましょうか。

「ソレ」では盛り上がりにくいんですよ……

・「下ネタ。全然面白くない上に下世話なので食事がまずくなる」(32歳/その他/事務系専門職)

男同士の集まりではないので、下ネタを話されても反応に困ることが多々あります。軽いジャブ程度におさえてもらえるならまだしも、ときには思いっきりストレートに話されることも。取り扱いが難しいので、控えてもらえるとうれしいです。

ウンチクはほどほどにして

・「食材のつまらないうんちく」(28歳/ソフトウェア/技術職)

「コラーゲンが豊富で、お肌にいいよ」くらいの豆情報なら嬉しいかもしれませんね。だけど、興味がわかないウンチクが続いたときは、結構しんどいもの……。「へー、そうなんだ」と言う以外に、上手な返しが知りたいですね。

まとめ

どれも一度は経験したことがあるような、食事の会話エピソードでした。自宅でも、オシャレなレストランでも、どこに行っても食事は楽しくしたいですね。食事をする雰囲気も大切にしていきましょう。

(藤平真由美/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数91件(22~39歳の働く男性)
※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]