お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 片思い

女性が好きな人にした大胆アプローチ3選

ファナティック

恋愛において、受け身になりがちな人は少なくないと思います。あまりおおっぴらにアプローチせず、ひたすら彼が振り向いてくれることを祈る……。でも、そんな方法では彼はいつまでたってもこちらに気づいてくれないかもしれません。たまには、大胆に迫って、彼の心を揺さぶることも必要です! そこで今回は、大人の女性たちに、好きな人にしてしまった大胆なアプローチについて聞いてみました!

<好きな人にした大胆アプローチ>

■自分から積極的にボディタッチ

・「酔った勢いでハグ」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「キスを自分からしたことがあります」(32歳/金融・証券/営業職)

・「酔ったふりをして抱きついてしまった」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

腕や肩に触るレベルではなく、ハグやキスをしてしまった女性もいるようです。これができる人は少ないと思いますが、男性に好意がストレートに伝わるアプローチですね。

■2人きりになりたいの

・「2人で飲みに行くのに誘った」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「LINEをいっぱい送って、遊びに誘う」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「『会いたい』と言ってしまった」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

彼と会うときはいつもグループ。それどころか、職場でしか会わない……、なんて消極的な会い方ではいけません。アグレッシブに「2人きりで時間を過ごしたい」とアピールをしましょう!

■もうこっちから言っちゃえ!

・「学生のころ、2人で遊んでるときに手を繋いで好きだと言った」(31歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「デート中に、『私たちの関係をはっきりさせて』と迫った」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「勢いで告白。いつも勢いで行動してしまう」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「突然の呼び出しと告白」(28歳/生保・損保/事務系専門職)

できれば、彼から告白なりなんなりしてほしいものですが、それば難しそうであれば、覚悟を決めて告白を。鈍感な人だと、それで初めて「え、俺のこと好きだったの?」なんてこともあるかもしれませんね。

<まとめ>

控えめでおしとやかな人は確かに女性的ではありますが、恋の駆け引きでは、常に奥手はNGなのかも! ときにシャイ、ときに大胆にアプローチし、メリハリのあるアピールで彼の心をドキドキさせることができたら、勝利はもう目前!? 恋に悩む女性たち、ぜひ実践してみてください!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数104件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]