お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

頭がガンガンする……! 寝すぎて頭痛になってしまったときの対処法4つ

ファナティック

休みの日になると、前日までの仕事の疲れが出てしまい、つい寝すぎてしまうことってありますよね。しかし、あまりに寝すぎると頭痛になってしまうことも……。せっかくのお休みに頭痛になってしまうのは、できれば避けたいもの。そこで今回は、女性のみなさんに寝すぎて頭痛になってしまったときの気分転換の方法について聞いてみました。

■ストレッチする

・「ストレッチや家事をして軽く動く」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「起きてストレッチ」(30歳/人材派遣・人材紹介/秘書・アシスタント職)

・「軽くストレッチをする」(27歳/印刷・紙パルプ/営業職)

ベッドでゴロゴロしているよりは、起きて体を動かしたほうが気分転換になる方も多いようです。ストレッチで体が眠りから覚めれば、頭痛が治っていることもあるのではないでしょうか。

■お風呂に入る

・「熱いお風呂に入ってすっきりすること」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「お風呂に入る。血行がよくなってすっきりする」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「シャワーを浴びる」(33歳/医療・福祉/専門職)

気分を変えるためにお風呂に入ったり、シャワーを浴びたりして一度さっぱりするという女性たちの意見もありました。ゆっくりとお風呂に浸かれば気だるさも自然となくなりそうですよね。

■外に出る

・「外に出て空気を吸う」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「家の外にでて散歩をする。何もしないと頭痛がヒドくなる気がするので」(28歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「外の空気を吸ってリフレッシュする」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

家でジッとしていても、頭がガンガンするだけなら、外の空気を吸って気分をリフレッシュさせるのもいいかもしれません。緑の多い場所で深呼吸をして、新鮮な空気を体内に取り入れると本当に気持ちがいいですよね。

■水分を取る

・「水をたくさん飲んで、ボーッとする」(31歳/商社・卸/事務系専門職)

・「水分が足りないのかな? と思って水分を取ることが多い。あとは、お風呂に入って治ったこともある」(33歳/金融・証券/専門職)

・「冷たいお茶を飲む。散歩をしてみる」(32歳/不動産/専門職)

体の水分が不足していると、体内の血液もドロドロになってしまうもの。結果的に血流が悪くなってしまい、頭痛となってしまうこともあるのだとか。寝ている間は水分を摂取できないので、長い時間寝ていると体が水分不足に陥っているのかも? 朝起きたら水を1杯飲んでみることもオススメです。

■まとめ

寝すぎて頭痛が起きてしまった場合は、ストレッチや外の空気を吸うなどして気分転換をするという女性たちの意見が多く集まりました。休日など、寝すぎて頭痛になってしまうという女性たちは、朝から軽く体を動かしてみるのもいいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数132件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]