お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 妊娠・出産

妊娠経験者に聞いた! 赤ちゃんが出産予定日に生まれる確率

ファナティック

妊娠し、病院で医師に診てもらうことによって受精日を割り出し決められる出産予定日。しかしこの予定日通りに生まれてくる子どもはあまりいないそうです。予定日より早く生まれる場合が殆どと言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか? 出産経験者の女性たちに、ちょっと聞いてみました。

■出産予定日ぴったりに生まれてきた子は20%弱

Q.ご自身の出産に関して一番近いものをお選びください。

●1位「予定日三日前以内」……21.4%

○2位「ぴったり」……19.1%

●3位「一週間早く」……15.9%

○4位「予定日後三日以内」……14.3%

●5位「二週間早い」……7.9%

○6位「三週間早い」……6.3%

●同率6位「一週間遅い」……6.3%

○8位「一カ月早い」……5.6%

●9位「二週間遅い」……3.2%

ぴったりに生まれた子どもは約5人に1人という結果に。全体を見ると、予定日より早く生まれた子どもは56.5%。半数以上が、予定日前に生まれてきたようです。では次に、「出産予定日」にまつわる一喜一憂エピソードを教えてもらいました。

■早すぎて!!

・「当初より早くなったりしたので仕事の調整に焦った」(32歳/商社・卸/営業職)

・「上の子は予定日より早かったので、産休手当てが損したが、下の子は遅かったので、得をした」(34歳/医療・福祉/専門職)

早ければ早いほど喜びが倍増! とはいかないのが出産です。「まだ色々準備できてないのにー! 」という状態で産んでしまった人も少なくありません。産休を取っている人は、予定日前に生まれるほうが、予定日後に生まれるより、お手当てが減ってしまって、損をした気分になるようです。

■まだなの……?

・「二人目はなかなか生まれず待ちくたびれた」(34歳/その他/その他)

・「『まだ? まだ?』って聞かれて本当に鬱になった。なんで誰よりも早く産みたいと思っているママ本人に聞くんだろう。そういう人って余命を知ってる患者にも『まだ? そろそろ死ぬの?』って聞くんだろうか」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「一人目は予定日を14日過ぎたので、周りからのプレッシャーが多くて嫌になった。二人目は予定帝王切開で、日にちを決められたのでゆっくり過ごすことができた」(32歳/自動車関連/事務系専門職)

・「子供二人とも遅くなったのでとてもじりじりした」(31歳/学校・教育関連/専門職)

逆に遅くて気をもんだケースも。予定日を過ぎてもうんともすんとも言わないと、ちょっと不安になりますよね……。アンケートの意見にもありますが、一番気にしているのは妊婦さん本人です! まわりはあたたかく見守るようにしましょう。「まだ?」なんて気軽に聞いてしまいそうですが、本人にはプレッシャーになってしまいます。

■予定日とずれたおかげで

・「自分の誕生日と同じだった」(31歳/学校・教育関連/技術職)

・「予定日が連休の予定だったので、主人も立ち会えるねと喜んでいたが、早くなって平日に生まれてきたのでバタバタした」(28歳/情報・IT/技術職)

・「義母と同じ出生日になるかもしれないのがちょっと憂鬱だった。結局はズレて一安心」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

出産予定日がずれたことによって、一喜一憂した人たちも。子どもにとっても、親にとっても大切な記念日。いい日に当たって欲しいものです。しかし、こればかりはどうにかできるものでもないので、「そのとき」を待つのみです。

■出産予定日はあくまで「予定」日

出産予定日は、最終月経日と自分の月経周期を入れると簡単に割り出してくれるサイトも今はたくさんあります。こんな風に数字は出せますが、予定日ぴったりに生まれてくる子どもはそう多くはありません。大体の場合は、39週目から40週目で生まれてくるという統計結果があります。大体予定日一週間前あたりから当日あたりに生まれてくるのですね。しかし、早かろうが、遅かろうがイライラせずに、リラックスして元気な赤ちゃんを産みましょう。そして、まわりは安易に「産まれた?」「まだなの?」なんて聞かずに温かく見守りましょうね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません
※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数126件(22歳~39歳の働く女性)