お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

これをしたら痛い女! 男が考える「若い」と「若作り」の境界線

ファナティック

「美魔女」なんて言葉もあるように年齢を重ねても若々しくてキレイな女性が増えてきましたが、中には若々しく見せようとして「若作り」になってしまっている人も。似ているようでまったくちがう「若い女性」と「若作りの女性」。男性たちはどこを見てこのちがいを判断するのでしょうか。今回は「若い」と「若作り」の境界線について男性たちに聞いてみました。

■自然に見えるかどうか

・「若いは自然。若作りは不自然。不自然だと作ってる感じがするから」(37歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「若く見せようとしているのが相手にわかってしまうのが『若作り』。年齢を聞くまで実際に若いと思っているのが『若い』」(35歳/建設・土木/技術職)

・「無理をしているのが若作りだと思う」(39歳/情報・IT/技術職)

・「ファッションなどで無理やり若く見せているのが『若作り』、自然と若く見えるのが『若い』」(36歳/運輸・倉庫/その他)

「若い」女性は無理やり感がなく自然に若く見える。「若作り」の女性は、どこか作っているような感じが見えて不自然。こういうちがいで判断するという男性は多いようですね。年齢を聞くまで実年齢がまったく分からないくらいナチュラルに若さを感じさせる女性はいくつになっても「若い」と言ってもらえそうです。

■実年齢に見合ったファッションかどうか

・「30すぎてミニスカートとか履いていたら若作り。20代はどんなことしても若いと思う」(27歳/情報・IT/技術職)

・「30代・40代の人が20代の格好をすると若作り」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「30代が10代向けの格好をする等、世代をまたぐ行動を取ると『若作り』」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

実際の年齢よりも若い世代のファッションをしている女性は「若作り」していると思う男性もいるようです。いくら似合っていたとしても30代の女性が10代の女の子のような洋服を着ていると確かに違和感がありそう。好きなファッションだとしても世代をまたいでしまうようなものはやっぱり不自然に見えそうですね。

■メイクの濃さ

・「メイクの濃さ。若い人はメイクが濃くなくても十分だから」(31歳/運輸・倉庫/技術職)

・「化粧……ナチュラルメイクで済むか、厚化粧しなきゃいけないかによって決まると思う」(32歳/商社・卸/事務系専門職)

・「化粧をしなくてもかわいいのが若い」(28歳/情報・IT/技術職)

ナチュラルメイクでも若く見えるのが本当の「若い」女性。厚化粧をしないと若く見えない女性は「若作り」ということのようです。肌の質感などは年齢がバッチリ現れてしまうので実年齢が上がるにつれてメイクが濃くなっていくというのは確かに当たっているかも。厚塗りには要注意ですね。

実年齢はどうやっても若返らせることはできないけれど若々しく見せたいと思うのは女性なら誰でも思うこと。でも、それが不自然なほどの厚塗りメイクや年齢に見合わないファッションで作られたものならただの若作りになってしまいますよね。10代、20代、30代と年齢を重ねるごとに外見が変化するのは当然。それを無理に逆行させようとしたら不自然な感じがしてしまうものですが、自分の年齢なりにキレイに見せるということを心掛けていれば若々しさは保てるのではないでしょうか。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年8月にWebアンケート。有効回答数105件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]