お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性の身体

毎日欠かせない! 働く女子が美容&健康にいいと信じてつづけている習慣

ファナティック

野菜たっぷり健康や美容にいい食べ物や習慣があれば、生活の中にぜひとも取り入れてみたいもの。1日や2日で効果が出るものではないので長く続けるということがポイントですが、習慣化してしまえばそれほど苦になりませんよね。今回は、女性のみなさんが健康や美容にいいと信じて続けている習慣について教えてもらいました。

■便通を整えるために

・「バナナはほぼ毎日食べてる。ヨーグルトもよく食べてる。便秘の予防」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ヨーグルト。腸内の善玉菌を増やし、便通を整えることで美肌になる」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「夜寝る前と朝起きたときに一杯の水を飲む。便秘対策に効いていると思っている」(31歳/医療・福祉/専門職)

腸内環境を整えて正常な便通を促すことで便秘を予防。ひいては美肌にもつながるということでヨーグルトやバナナを毎日食べるようにしているという女性も。水分不足も便秘の原因の一つなので、夜寝る前や朝起きてすぐに意識してコップ一杯の水を飲むというのも良い習慣ですよね。

■美肌のために

・「プラセンタと乳酸菌ゼリーを毎日食べてます。お肌がきれいになったと思う」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「野菜ジュース。美容によさそう」(22歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「トマトジュース。毎朝1杯、欠かさず飲む。肌に効果がありそう」(26歳/自動車関連/事務系専門職)

野菜は美肌にいいと思っていても食事で摂るのは難しい。そんな人でも手軽に実行できるのが野菜ジュースやトマトジュースを飲むこと。毎朝欠かさず飲めば美肌効果も期待できそうですよね。プラセンタや乳酸菌などもゼリータイプのものやサプリなら簡単に続けることができそうです。

■代謝アップやデトックスのために

・「豆乳。生理前のイライラが落ち着いたかも」(25歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「しょうが湯を飲んでいます。体を温めるため」(28歳/学校・教育関連/専門職)

・「白湯を朝飲む。代謝が上がる」(29歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「ルイボスティーは悪いものを排出してくれるそうなので、飲み続けています」(31歳/その他/その他)

生理前にどうしてもイライラしてしまうという人は、イソフラボンの豊富な豆乳を飲む習慣を続けてみるのもよさそう。体温や代謝の低下も女性の体にとってはよくないことなので、体を温めるために白湯や生姜湯を飲むのも一つの方法かも。ティータイムのコーヒーや紅茶の代わりにすれば、毎日続けるのもそれほど苦にはならなさそうですね。

習慣になってしまえばやらないほうが落ち着かない気分になるものですが、そうなるまでは少し努力が必要。でも、美容や健康にいいことだと信じていれば続けるためのモチベーションもわいてくるはず。すぐに効果は出ないかもしれませんが、やっているのとやらないのとでは数年後に大きな差がつくことも。健康や美容というのは女性にとって一生のテーマとも言えるものなので、一つの方法だけに固執せず自分にとっていい方法を探す努力もずっと続けていきたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数214件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]