お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 キレイの秘密

美人の秘密はコレ! キレイになるために普段の食生活で気をつけていること3選

ファナティック

人間の体は何を食べるかによって大きく左右されるもの。偏った食事ばかりをしていると不健康になるだけでなく肌が荒れたり、顔色が悪くなることもありますよね。「食事はキレイを作る」と考えたら、普段の食事に気を使わずにはいられないもの。今回は、女性たちが「キレイになるために普段の食生活で気をつけていること」について聞いてみました。

■野菜をたくさん食べる

・「サラダをできるだけ食べる。取れないときは野菜ジュースを必ず飲む」(28歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「なるべく野菜から食べる。血糖値を急激にあげないため」(33歳/自動車関連/事務系専門職)

・「野菜を毎日必ず食べる。ビタミンが美肌には必要なので」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「野菜をいろいろな調理法で多品目摂るようにしている。栄養のバランスが整うと思うので」(31歳/医療・福祉/専門職)

野菜を食べることで食物繊維やビタミンなどを摂取するようにしているという女性は多いようです。サラダだけでなく煮物や炒め物など調理方法を変えたり、食材の組み合わせを変えたりすれば栄養バランスも整いやすいもの。ダイエット中の人なら野菜を先に食べることで、血糖値の上昇を緩やかにするという効果も期待できますね。

■発酵食品を食べる

・「ヨーグルトを毎日食べる。腸がキレイになると肌もキレイになると聞いたので」(30歳/情報・IT/営業職)

・「発酵食品をたくさん食べるようにしています。腸内環境がよくなることを期待しています」(32歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「納豆を食べる。整腸作用がある」(28歳/医療・福祉/専門職)

腸内環境を整えることは美肌にもつながるということで、発酵食品である納豆やヨーグルトを食事に取り入れている女性も。お通じがよくなれば気になるぽっこりお腹も解消できて、お肌もつるつる。食事に一品プラスしたり、デザートにしたりと手軽に取り入れられるのもいいですよね。

■バランスのいい食事を規則正しく食べる

・「偏食をしないこと。栄養バランスが崩れると体調も悪くなり、体形もくずれるから」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「なるべく和食中心の食生活にすること。日本人には一番合っていると思うし、発酵食品が多いので美容にもいい」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「バランス栄養と、食べる時間。栄養が取れていればストレスもたまらないと思う」(31歳/電機/事務系専門職)

ひとり暮らしをしていたり、仕事が忙しかったりすると食事の時間も不規則、栄養バランスも偏ったものになりがちですが美容にとってはNG行為。栄養のバランスがきちんと取れている食事を規則正しく食べるように心がければ、体調だけでなくストレスに強い体も作れそうですよ。

好きなものを好きなだけ食べるのは、その瞬間は幸せだけれどそんな生活を続けているとどこかでツケが回って来ます。キレイになるためにはしっかり考えて食事をすることが大事ですよね。規則正しい食生活を続けながら、たまに自分へのご褒美に好きなスイーツなどを食べるというのもちょっとした幸せを感じられるもの。キレイになるためには、毎日の努力が欠かせないということかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数177件。22歳~34歳の働く女性)

みんなが読んでる人気記事 キレイの秘密