お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

心が繊細で草食系が多い乙女座男子とうまく付き合うために知っておきたいこと

ファナティック

星座で人の性格を判断することには賛否両論ありますが、あながち嘘ではないかなと思うこともあります。だてに乙女と名が付いているわけではなく、やはり乙女座の男性には草食系が多いと分析する人も。そんな乙女座の男性とうまく付き合うための方法を、社会人の女性に聞いてみました。

■傷つけない

・「思っても傷つくことは言わない。褒めて伸ばす」(24歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「傷つくような言葉を安易に言わないことです」(31歳/その他/その他)

乙女座の男性は、女性からの傷つく発言に対して「なにくそ」という反骨精神は持ち合わせていません。過激な発言をしようものなら、見事に傷ついてしまうこともあります。乙女座の男性と接するときは、オブラートに包むことを忘れずに。

■近づきすぎない

・「彼のテリトリーを尊重する。むやみやたらに急いで距離を縮めようとしない」(28歳/不動産/事務系専門職)

・「プライベートな質問は初めからズケズケと聞かない。質問によっては気分を害してしまうから」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

慣れないうちは当たり障りのない会話にとどめておく方がいいでしょう。急に核心に触れるようなワイルドさは乙女座の男性には必要ありません。相手が話したくなるまで待つくらいの余裕が大切です。

■男らしさを強要しない

・「男なんだから~、ということは言わない方がいいのかも」(25歳/小売店/クリエイティブ職)

・「女子の友達と同じように、大事に扱う。男らしさを求めない」(23歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

何かにつけ「男なんだから」「男のくせに」と、男を理由にすることは避けましょう。乙女座の男性は男であることを強要されるのは苦痛に感じることもあります。女性の一方的な見方で「男」という言葉を乱用しないように気を付けましょう。

■うまくリードする

・「自分がグイグイ引っぱって行くのが一番だと思う」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「自分が少し引っ張るが、男性の顔を立てる姿勢」(23歳/医療・福祉/専門職)

あまりいい表現ではありませんが、乙女座の男性には、男性をうまく手のひらで転がせるような器用な女性が向いているかもしれません。男性を立てながらも陰ではしっかりと手綱を握っている、そんな女性と巡り合えば乙女座男性の魅力は大いに発揮されることでしょう。

■まとめ

一見、面倒に思える乙女座男性との接し方ですが、繊細な心を持っているだけに女性の気持ちがわかるというメリットもあります。うまく人間関係を築ければ、ふんわりとした穏やかな空気が流れる時間を過ごすことができるのも乙女座男性の特徴です。彼らの魅力を引き出すのは、乙女座男性の繊細さを理解できる女性の力かもしれませんね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答件数147件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]