お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「上から目線の人」の心理って? 対処法はないの?

高見綾(心理カウンセラー)

上から目線の人は、劣等感から自分を守っている

上から目線の人は、じつは自信がなく、「嫌われたらどうしよう」「相手にされないかもしれない」といった怖れや不安の強い人です。そうした心理を理解して、一歩引いて観察してみると、イライラが収まってきます。冷静になれると、「その言い方はよくないと思うよ」と上手に教えてあげることもできます。

また、上から目線の言動にイラッとしたら、自分も相手に対する競争心や劣等感がないかチェックしてみると発見があるかもしれません。自分も上から目線にならないように気をつけながら、上手に付き合っていきましょう。

(高見綾)

※画像はイメージです

※この記事は2015年10月19日に公開されたものです

高見綾(心理カウンセラー)

“質上げ女子”のカウンセリングをメインで行っている。電話、面談(ZOOM、名古屋)によるカウンセリングや講座を中心にあなたのお悩みをサポート。

大学卒業後、民間企業の経理・財務業務に従事。自身の悩みを解決するために心理学を学びはじめ、人生がうまくいくためには特定の法則があることに気づく。豊富な臨床経験から、心の世界で学んだことを現実に活かすアプローチに高い評価をいただいている。

著書は「ゆずらない力」(すばる舎)。他、PHPスペシャルに記事を寄稿するなどマルチに活動中。

高見綾のブログ https://takamiaya.com/

 

この著者の記事一覧 

SHARE