お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男子が教える男子校の実態「ロッカーから異臭」「授業で先生も下ネタ」

ファナティック

女子禁制の塀の中でどんな光景が繰り広げられているのか、男子校の実態は女子にとって解明できない謎でもあります。興味はあるけれど足を踏み入れることのできない男子校のあるあるを、社会人の男性に聞いてみました。

男のにおいが充満

・「知人いわく、いつも汗臭いらしい」(28歳/情報・IT/技術職)

・「ロッカーから異臭がする」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

女性と比べて男性の体臭はきついイメージがあります。体育のあとの教室は想像以上にむさくるしいことでしょう。青春の香りとも言えますが、においに敏感な人にとってはきつい環境かもしれません。

毎日下ネタざんまい

・「女子が居ないから、先生も平気で下ネタを言ったりする」(35歳/情報・IT/技術職)

・「授業では下ネタのオンパレード」(28歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

なぜ授業で下ネタが披露されるのか、それは先生までもが下ネタを言うからです。女子の目を気にしなくていいとなると、男子はつい大胆になってしまうもの。男子特有の、場の空気を読む習性により、大しておもしろくない下ネタでも大盛り上がりです。

高確率で裸に遭遇

・「体育会で全裸でうろつく人がたまにいる」(29歳/情報・IT/技術職)

・「夏はみんなパンツ一丁」(28歳/・自動車関連/技術職)

暑かったら脱ぐ、男子校では当たり前に見られる光景です。たまに寒い時期でも脱いでいる人もいますが、盛り上がったら脱ぐという謎の習性もあるようです。誰も裸を見たからといって眉をひそめる人はいません。むしろ「じゃあ俺も脱ぐ」となるのが男子校です。

女性との接触は希少価値

・「文化祭が唯一の出会いの場だそうです」(35歳/通信/事務系専門職)

・「食堂のおばちゃんの人気がある」(39歳/情報・IT/技術職)

男子校に通う男子たちは年に数回あるかないかの女性との出会いに全精神を注ぎます。何も行動を起こさなければ卒業までの年月を、食堂のおばちゃんとのたわいもない会話に費やすことに。彼女ができれば目立たない地味な男子でさえも一躍ヒーローになれるのです。

男子校には共学校や女子校にはない熱い男たちの友情があります。むさくるしい教室で仲間と下ネタを語り合った日々は何物にも代えがたい青春の思い出になることでしょう。男子校での学生生活は、人生の中で一番「男子」であることを楽しめる時間なのかもしれません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年8月にWebアンケート。有効回答数110件。22歳~39歳の社会人男性)

※この記事は2015年10月18日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE