お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 きらめく印象美人

明日から実践したい! 女性の口角を上げる簡単トレーニング

ファナティック

口角が上がった口元って、女性の目から見ても素敵ですよね。第一印象を良くするためにも、自然と口角の上がった口元づくりをしていきたいものです。そこで今回は社会人女性に、口角を上げる簡単なトレーニング法について教えてもらいました。

■鏡を見る

・「鏡の前で毎日笑顔」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「鏡を見ながら練習する」(30歳/食品・飲料/技術職)

・「毎日鏡の前で上げる練習をする」(28歳/ソフトウェア/技術職)

毎日鏡を見て、笑顔をキープするだけでも、口角のトレーニングになります。いつも笑顔でいるつもりでも、意外に使っていない顔の筋肉というのはあるもの。顔が痛いと思うぐらいに口角を上げるのが効果的です。

■意識する

・「意識してあげる」(31歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「ほほをあげる意識をすること」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「わかりません。普段から意識していればいいと思う」(32歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

口角は意識していないと、見事に下がっているという方も多いのではないでしょうか。年齢を重ねるとともに、筋肉の緩みでたれてくるものなので、常に鏡チェックをして、口角をあげるように努力しましょう。

■笑う

・「笑う練習をする」(30歳/商社・卸/事務系専門職)

・「笑顔になる。お笑いを見る」(32歳/学校・教育関連/技術職)

・「いつも笑顔でいる」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

会社と自宅の往復だけだと、いつのまにか笑うことすらなくなり、真顔で何日も過ごしていることはありませんか? だんだんと口元がへの字になってきたら、口角がたれさがってきている証拠です。思いっきり笑うようにしましょう。

■割り箸運動

・「割り箸を咥えてキープ」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「いつもにこにこしてる。割り箸をくわえるといいらしい」(25歳/小売店/クリエイティブ職)

・「割り箸を口にくわえ、くわえたまま、口を『い』の形にして口角を上げることを意識する」(32歳/医療・福祉/専門職)

簡単な口角トレーニング方法として、人気の高い割り箸トレーニングですが、意外に割り箸をくわえるだけで、お口がぷるぷるして痛くなってきます。初めのうちは、口角をあげるどころではないかもしれませんね。

自然と笑顔ができる女性になりたいと、口角トレーニングを行っている方も多いのではないでしょうか。さまざまなトレーニング方法がありますが、効果を発揮するまで、トレーニングを継続していくことが大切になってきます。みなさん、頑張りましょう!

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数109件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません