お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 理想の未来をかなえる

絶対無痛分娩がいい! 将来出産するときにこだわりたいポイント

ファナティック

まわりの友だちから出産話を聞くと、自分の将来の出産が不安になってしまうもの。比較的安産な人もいれば、帝王切開をした人もいて、なんだか痛くて怖そうと思っている人も多いと思います。そんな出産について、将来「ココだけはこだわりたい!」と思うポイントについて、女性のみなさんに聞いてみました。

■絶対に無痛分娩!

・「無痛分娩する! 痛いのが嫌なので」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「無痛分娩がいい、痛いのが苦手なので」(32歳/金融・証券/営業職)

・「無痛分娩がいい。痛くないほうがいいに決まっているから」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

多かったのは「無痛分娩がいい!」という意見でした。自然分娩だと相当痛そうだし、無痛分娩という道があるなら痛くないほうを選びたい……と思うのも当然のことかもしれませんね。

■立ち会い出産してほしい!

・「旦那に立ち会ってほしい。夫婦で出産したいから」(30歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「旦那さんには立ち会ってほしい。大変なときのことや、わが子が出るところを一緒に見守ってほしいから」(28歳/学校・教育関連/専門職)

・「立ち会い出産。旦那さんにも一緒に闘ってほしいから」(26歳/運輸・倉庫/営業職)

「旦那さんに立ち会ってほしい!」という意見も多くありました。出産は女性がするものとはいえ、生まれてきた子どもは夫婦2人の宝物。旦那さんにも出産の瞬間を見てほしいと思う女性も多いようです。

■立ち会い出産させない!

・「夫に立ち会いをさせない。邪魔になりそうだから」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「夫に立ち会ってもらわない。女の戦場なので男には出て行ってもらいたいから」(24歳/食品・飲料/専門職)

逆に「立ち会い出産はしてほしくない!」という声もありました。「邪魔になりそう」という意見は、旦那さんが聞いたら切なくなりそうです。「女の戦場なので」という気持ちはよくわかります!

■無事に生まれてくれるのが一番

・「無事に産まれてくれるのであれば、なんでもいいなと思います」(29歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「無事に産まれたらそれでいい」(25歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

こだわりというよりは「願い」のようなものですが、既におなかに子どもがいる妊婦さんのような意見です。でも、確かに一番大事なのは、赤ちゃんが無事に健康で産まれてくれることですよね。

将来出産するときにこだわりたいポイントとしては、「無痛分娩」「立ち会い出産してほしい」「立ち会い出産させない」ということがあげられました。立ち会い出産について、こんなにも真逆な意見があったことに驚きです。将来子どもがほしいと思っている人は、健康に気をつけたり貯金をしたりと、今できる準備をしておくといいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数133件(22歳~34歳の働く女性)。

みんなが読んでる人気記事 理想の未来をかなえる