お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 理想の未来をかなえる

定期的に婦人科検診を受けている女性はたったの32.3%! そのワケは?

ファナティック

女性のみなさんは、「婦人科検診を受けるかどうか」について、迷ったことはありませんか? 自覚症状はないけどなんとなく気になるし、でも婦人科の検査ってちょっと怖い……。そう思っている人も多いのではないでしょうか。今回は「定期的に婦人科検診を受けているかどうか」について、働く女性のみなさんに聞いてみました。

Q.定期的に婦人科検診を受けていますか?

「はい」32.3%

「いいえ」67.7%

「はい」と回答した人はたったの3割で、あとの約7割は「いいえ」と回答! ちょっと驚きの結果ですが、どうしてそう答えたのか、それぞれの理由を詳しく聞いてみましょう。

<「はい」と回答した人の意見>

■市や職場の検診で

・「怖いので、市とかであればする」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「職場で健診があるので」(33歳/医療・福祉/専門職)

ある年齢になると自治体から「子宮頸がん検査」などの案内が来ますよね。料金も安く、きちんと検査してくれるので安心です。職場の検診なら「ついでに婦人科も」と検診を受けやすいようです。

■早期発見は大事

・「ガンの早期発見に役立つので」(24歳/その他/事務系専門職)

・「必要なことだから」(25歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

定期的に婦人科検診を受けることで、がんなどの大きな病気の早期発見につながりますし、自分の体を守るためには必要なことです。婦人科系の病気はストレスでかかることもあるようなので、なおさら定期検診が必要ですね。

<「いいえ」と回答した人の意見>

■特に困ってない

・「何か問題が感じないと、『病院に行こう!』とはあまり思わない」(27歳/マスコミ・広告/営業職)

・「特に何も困った症状がないので」(31歳/医療・福祉/専門職)

「何か問題を感じないと」や「困った症状がない」という理由で、定期的に婦人科検診を受けていないという人もいました。自覚症状がないと病院に行かないという気持ちはわかりますが、自覚症状が出てからだと手遅れになる場合もあるので注意が必要です。

■何をされるかわからないから抵抗がある

・「婦人科に行くこと自体抵抗がある」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「怖い。何をされるのかがわからないし、ちょっと抵抗があるから」(24歳/食品・飲料/専門職)

一番多かったのは「抵抗がある」という意見でした。妊娠でもしない限り、なかなか婦人科にお世話になることもないので、多少の抵抗は仕方ないのかもしれません。でも、行く前の不安よりも、行ったあとの安心感のほうが大きいかもしれませんよ。

定期的に婦人科検診を受けている人はたったの約3割、という結果になった今回のアンケート。症状がなかったり抵抗感があったりと、理由は人それぞれですが婦人科の敷居が高くなっているようです。でも婦人科系の病気はいつどんな形で進行していくのか、検査をしてみないとわかりません。自分の体を大事にするためにも、定期的に婦人科検診を受けましょう!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数133件(22~34歳の働く女性)。

みんなが読んでる人気記事 理想の未来をかなえる